« 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その1) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? 完結編) »

2019年6月12日 (水)

番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その2)

以前、ブログネタに困った時に書いた「暇つぶしの工作と意外な結末」の中に出てきたCR123Aというリチウムバッテリーの使い道が決まりました。

日曜日の夕方だったかな?台所で「ビー」っと短い電子音が1分おきぐらいに鳴るんです。

なんだ?とあちこち原因になりそうなものを探してみても見つかりません。

電子音って方向が掴みにくいですよね・・・。

その内に音がしなくなったんで不思議に思いながらも捜索をやめました。

そして、夜。

再び、鳴り始めたんです。

どうしても場所が突き止められず途方に暮れ始めた頃、「電池切れです」って言い始めたんです。

ここでようやく天井方向から鳴っていることが分かりました。

火災報知機でした。

電池はなに使ってんのかな?と火災報知機を外して開けてみると・・・CR-2/3AZという特殊なリチウムバッテリーでした。

すぐに手に入りそうな電池じゃありません。

ネットで探してみるとAmazonでも手に入りますが、そこそこの値段。

検索結果の中に代用品を扱ったブログがあったので読んでみると・・・おぉ!あのCR123A が使えるじゃん!って事で、少し工作をして無事に火災報知器が復活しました。

電池切れの日に火災が起きたなんて洒落にもなりませんから、あの電池もこれで無駄にならずに良かったですよ。

工作そのものは少し危険を伴うモノなので紹介は出来ません。

ちゃんとした電池を買いましょうね(^^;)





さて、デュアルスピードフォーカサーを活用すべくボチボチと取り掛かっております。

既に3作目の印刷に入っていますよ。

過去の2作。
Dscn7307

左が1作目。

ちょっと勘違いもあって形状を変更。

中央が2作目。

現物合わせで寸法を少し変更。

という過程を経て3作目を印刷しています。

これでバッチリとなる予定です。

上手くいくといいな!

« 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その1) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? 完結編) »

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? その1) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサーをVMC95Lに付けられるか? 完結編) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ