« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) »

2019年5月18日 (土)

番外編 (X-SMARTで残念ながらTPUが使えなかった!!!)

ハイ、失敗しましたorz

「SUNLU 3DプリンタフィラメントTPU、1.75mm TPUフィラメント、3D印刷フィラメント低臭気、寸法精度+/- 0.02mm、3Dプリンタおよび3Dペン用のLBS(1KG)スプール3Dフィラメント、ブラックTPU+」という長い名前のTPU+のフィラメントが「X-SMART」では使えませんでした。

Amazonで在庫一掃セールなのか欲しい物リストに登録した時点の55%の価格になっていたので飛びついちゃったんですけど・・・。
※20190519追記
そもそも製品の仕様を満たしていなかったことが分かりました。フィラメント径が1.75mmで±0.02という製品なんですが、マイクロメーターで計測してみたらどこを計っても1.8mmを越えているんです。これは不良品だ!

そうとは知らずに「FUSION360」で「nikon 9X35 7.3゜」用の対物保護キャップを設計してみたんですよ。

こんな感じ。
1_6

頑張ってフラップ式にしてみたんですよ。

スライスソフトであれこれ設定項目を変えてみたり・・・。
2_6

ノズルが詰まっているのかも知れないと、初めてエクストルーダーを外してノズルを変えてみたり、考えられる手段は全て試してみました。

たいして暑くもないのに大汗かいちゃって・・・Amazonレビューに冬(寒い時期)には印刷できたが温かくなったらダメ、みたいなのがあったのも思い出して、今年初めて冷房を入れてみたりもしました。

ですが、そもそも送り出せないんです。

フィラメントのコシが無さ過ぎて送り機構の圧力で潰れてしまうので、フィラメント径が変わってしまうのです。

そして詰まる→材料が押し出されずただヘッドが走って空の印刷している→詰まった箇所を取り除く→設定値を変えてみる、を5回ぐらい繰り返し諦めました。

おかげでヘッドのメンテナンスが出来るようになっちゃいましたよ。



さて、この悶々とした気持ち・・・どうしましょうか・・・別のフィラメント買っちゃう?

とりあえず返品手続きをしてみましたが、正直、1,000円ぐらいのことで面倒な手間がかかるんだったら嫌だなぁ・・・。

※追記
返金処理となりましたので手間は一切かかりませんでした。
良かったー!

« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) »

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の星空 (国際宇宙ステーションISS) | トップページ | 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ