« 工作室 (ABS樹脂で軽量望遠鏡用鏡筒バンドを作る 完結編) | トップページ | 工作室 (リーマー用ケースを作る 完結編) »

2019年5月 6日 (月)

番外編 (リーマー用ケースを考える)

さらまにさん見てるかなぁ。

双眼鏡ネタを最近書いていないのでチェックしていないだろうなぁ・・・。

ゴールデンウィークを前にテンション上がっちゃって3Dプリンターを買っちゃいましたよ。

なので、双眼鏡用の保護キャップは作り放題になりました。

ただ、材料がPLAとABSしか買っていないので柔軟性のある左右が繋がったタイプの保護キャップはまだ作れません。

その内にTPUを買おうと思っているので、それがあればそういったキャップも作れるようになります。

考えたものが実現できるっていいですよー!




さて、今回はアリババ通販ショップで買ったリーマー用にケースを考えました。

ケースなんて付いてなかったの?とお思いでしょうが付いていないんです!
Dscn6988

こういう状態で送られてきますので・・・。

刃が欠けていたりなんてことはありませんでしたが・・・。
Dscn6989

この状態ではサイズを選ぶのにも面倒なんですよ。


なので、こんなケースを考えました。
Reamer_casev2

Wireframe

中を中空にしたかったんだけどサポートなしじゃ崩れちゃうんでしょ?

なので、サポートを付けましたがどんな風に出来るのかなぁ?

今、プリント中ですがサイズが大きいので上下で5時間以上かかります。

出来上がりが楽しみですよ。


まだ、作りたいものがいっぱいあります。

次は笠井トレーディングの経緯台「AZ-Palm」用に作った目盛環を作り直そうと考えています。

どんな感じに作ろうかなぁ・・・。

« 工作室 (ABS樹脂で軽量望遠鏡用鏡筒バンドを作る 完結編) | トップページ | 工作室 (リーマー用ケースを作る 完結編) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

しっかり見てますよー(突然名前が出てきてビックリした)
RSSリーダーに入れてますから、最近の3Dプリンタ導入記?とかも、
既にチェック済みです。

レンズキャップ作り放題は憧れますが、初期投資やランニングコスト、
あと騒音とニオイで家族からクレーム必死な予感。
っというか3Dプリンタの予算があれば、良い双眼鏡が買えてしまう…。
(まあそもそもお金ないんですが)

自作レンズキャップですが、今までダイソーのPPシートとフェルトなど使ってました。
が、PPシートは硬くてレンズが傷つきそうなのと、見た目が壮絶に汚くなるので、
去年はPapilio用の被せ式対物キャップモドキをEVAシートで作ったりしました。
コストが掛からないですし材質も柔らかくて悪くないのですが、
ダイソーだとEVAシートの色がパステル系?に限られるのが難点。
(黒のEVAシートがダイソーにあれば)
でもそのうち延長見口なんかも作ってみたいかも(ただし色はピンク)。
Avantar 8x42 ED DHとか、見口の繰り出し量が明らかに足りなくて
超覗きづらいくて、何とかしたいなーと。
では~。

ご覧いただいていましたか(^^;)

確かにコストはかかりますね。
だけど、いろんなものが作れちゃうので、いろいろ作りたい自分にとってはスゴク便利な道具で買って良かったって満足しています。(まだ支払いは済んでないです、3回分割(^^;))
強度が必要なモノはこれでは無理ですけど・・・。

蛇足ですが匂いはほぼ無いです。(PLAとABS、TPUはまだ分かりません)
音はインクジェットプリンタが印刷しているのと変わらないくらいです。
プリント終了時のビープ音は眠っていると起きられるぐらいの音量ですね。

そうです、しっかり覗いてました(笑)
私は時々、原付に乗って三保の灯台の辺りまで行って、
カラスやら鳶やら船やらを双眼鏡で覗いたりしています。
(人目を気にせず双眼鏡を使える環境ってステキ)
なのでこちらの船関連の画像とかは、私的に興味深く拝見させて頂いてます。
(船は完全無知なので、双眼鏡で見えると「わーい船だぁ!」と喜ぶだけです)

3Dプリンタなのですが、YouTubeの有名どころの自作PC系動画にて、
騒音が結構酷いとか、ABSはプリントするとき臭いがきついとか話があって、
これは環境的にうちでは厳しそうだなっと思ってました。
でも臭いも騒音も概ね問題なしということなら、
いつか価格が下がったら買ってみたいかも。
(10年くらい経ったら買いやすくならないかな)
痒いところに手が届く感でパーツ作れるのって良いですね。

そーなんですか、もしかしたらどこかで会っているかもしれませんね。

船は詳しくはないです、ただ、船に興味があって全部を撮るのは際限が無いので大きな船や特殊な船だけ写真に撮っているんですよ。
その過程で疑問に思ったことは調べる性質なので、少しだけ普通の人よりは知識が付いたって感じでしょうか?

3Dプリンターはかなり前から気にはなっていたんですよねー。
ただ、マニアの世界での話だと思っていたので、いつか手に入れたいって思うぐらいのモノでした。
コメントを頂いた方からもうマニアだけのモノじゃないと教え頂いたというか煽られたというか・・・で具体的に調べ始めてみたら完成品がある事を知り、初心者の方でも問題なく使えている現実を知って一気に欲しくなっちゃたんですよ。
安いものは1万円台からあるけど、そういったモノはかなり手を入れて調整していかないと使えない。
完成品なら3万ぐらいから十分初心者にも使える(という評価)モノが製品化されていたんです。
いろいろ迷ったけど44,900円の評価が高い機種を思い切って買っちゃったんです。
(分割払いですけど・・・)

自作レンズキャップ拝見しました。
綺麗に接着されていますね。
確かに色合いは合っていないかもしれませんが、ホントに上手く出来ているなーと感心しました。
ベルクロで止めるのもナイスですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工作室 (ABS樹脂で軽量望遠鏡用鏡筒バンドを作る 完結編) | トップページ | 工作室 (リーマー用ケースを作る 完結編) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ