« 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える) | トップページ | 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える その2) »

2019年5月26日 (日)

今日の星空 (アンタレス付近)

久し振りの天体写真撮影をしてきました。

玄関に出て空を見た感じ、本音ではやめようかなぁって思ったんですけど、セッティングやソフトウェアの使い方など覚えているかの確認も必要だなと思い直したのでした。

いつも南の空を撮る海岸ではなく、もっと家に近い海岸沿いに車が停められるようになったので、そのポイントの具合も試しがてらの撮影です。

GPVでは雲もなく好条件でしたが、実際の空は霞んでしまってそこに光害が当たるので、星はほとんど見えませんでした。

さそり座か白鳥座かどちらかの派手なところを狙うつもりでいましたよ。

現場に着くと、まず、北極星が見えませんでした。

そして、白鳥座に至ってはデネブすら見えません。

さそり座は何とかアンタレスが見えたので、その辺りを撮影してきましたよ。
Antares_iso32_60sx17_2
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX17 LPS-D1 Skymemo-S)

光害マップのSQMは、いつもの海岸が20.48、このポイントが20.36と少しだけ明るいみたいですが、何より蚊が出なかったのが驚きでした。

ちょっと刺されることを覚悟していたんですけど・・・。


ちょっとだけ強調処理をしてみましたが・・・。
Antares_iso32_60sx17_2_1

霞んだ空でしたから、これだけ撮って引き上げました。

いいリハビリにはなりました(^^;)

« 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える) | トップページ | 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える その2) »

miniBORG50関連」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)使用記」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

星空の撮影とかの解説されてるところを見てると
長時間露光で30秒とかは短い方だと思うのですが
赤道儀とかなくてもブレないのでしょうか?
聞くよりとっととやってみろって話ですけど、デジタルなんだし(^_^;)

会社で最近刻印機を購入、お役所仕事のせいで多いんですよ刻印が
今まで手で一文字ずつ打ってたんですが文字数が20個くらいあったり、それが数十台あったりで大変で
おフランス製の電気式でドットインパクトタイプなんですが使い勝手はイマイチで
日本の代理店は寸法図さえ出せない無能で
仕方ないので本体の寸法とって、簡単な治具を作ろうかと
久しぶりにオモチャフライス盤使いましたが、使いにくい(−_−;)
一番の問題ってか手間が加工面の平行だしで、バイスで固定できるようにしてるのですが
基準が取りにくくて
たかだか2mm厚のアルミなのに時間がかかりました、2個ほど失敗しましたし
長丸穴なんですが真っ直ぐに開かなくて
スライドテーブルが悪いのでこんなのに替えようかと
https://www.amazon.co.jp/dp/B07R8YSCXG/

まぁ中華でこの価格じゃ一緒かもしれませんが

ちなみに刻印打ってるのは私じゃないんですけどね(^_^;)

どの位の焦点距離で撮影するのかにもよりますが、一般的に500ルールというモノがあります。
ある焦点距離のレンズで何秒迄なら星が流れずに撮れるかってやつなんですが、フルサイズ換算で焦点距離が16mmぐらいであれば30秒はイケる計算です。(露出秒数=500÷レンズの焦点距離)
実際にはISO感度やレンズの絞りとの関連もありますので、赤道儀があった方が無難ではあります。
広角で撮影という事であれば、自分も赤道儀を使わずに撮ることは多々ありますよ。

こんなスライドテーブルもあるんですね。
ただ、このバイス見た目に精度が悪そうですね。
しっかりとワークを固定できるんでしょうか?

あいにくフルサイズのカメラじゃないんですが、APSーCのCCDはどうでしょうね
なるべく明るく広角のが素人には簡単でしょうか
単焦点の明るめのレンズがあったはずなんで、そいつでやってみようかな
撮ることもあるってことは、普段はやっぱり赤道儀使われてるんですね
何枚も撮って合成もやるなら入りますよね
それ系のパーツも3Dプリンターで作られてましたし

スライドテーブル、片っ方の軸はバイスと一体ですし、直角出てなかったらゴミですね
ポチってから気づきました(^_^;)

APS-Cなら焦点距離は1.5倍(1.6倍のもあります)相当なので、30秒撮るなら10mmぐらいの広角レンズになりますね。
普段はポータブル赤道儀を使って撮影しています。
コレもピンキリなんですが、自分のは中の下ぐらいの位置づけの商品でしょうか。

素人玄人に関係なくどういう写真が撮りたいかが機材選びに関わってきます。
使用レンズは、望遠レンズなのか中望遠レンズなのか標準レンズなのか広角レンズなのか、でも分類されるのかな?
標準レンズとされる30mmあたりでもAPS-Cでは11秒ぐらいの露出になりISO値を上げないと厳しいですね。
星が流れても構わないグルグルというジャンルもありますよ。
何枚も固定撮影で撮影して比較明合成という手法で仕上げる写真です。
これは広角~標準レンズを用いることが多いですね。
比較明合成にはフリーソフトを使うのが簡単で便利です。

本文の写真は212mmの望遠レンズに光害カットフィルター(LPS-D1)を使って60秒露出で撮影したモノを17枚合成した写真です。
赤道儀はSkymemo-Sという機種です。
カメラはAPS-Cなのでフルサイズ換算だと318mmぐらいですね。

ってなことを書いていたら、スパムコメントが8つほど投下されていました(^^;)
0.5BTC払わないとこのサイトを拡散してやるってな感じの詐欺スパムですね。
久し振りですよ(^^;)

読んでたらちょっと頭が痛くなってきました(^^;)
17枚合成でしたか、完全に予想の範囲外です
昔はよくPhotoshopも使ってて彩度あげるのに合成なんかもやってましたが
今は天体用のの良いのがあるみたいですね

母親の兄弟の叔父さんが星が好きな方で
自宅の小屋の屋上にスライド式で解放できる屋根つけて
大きな反射望遠鏡設置してました
子供の頃一度だけ見せてもらって土星の輪が見えるって喜んだのを思い出しました
月も見せてもらったんですが眩しいくらいでした

今なら画像としてデジタルでも残せますしね
どうしてるかなとふと思い出しました
昭和1桁世代ですが最終校長先生でしたし
パソコンとかも使ってそうですが

書くと凄いことやっていそうですよね(^^;)
でも全部フリーソフト任せです。
22枚撮った写真を判定してもらって20%は不採用にする、なんて指示(デフォルト値ですが)をしてますが、自分では何もしていないんですよ。
撮影してくるだけ。
ただ、パラメーターの意味は慣れないと何言ってるのか分からない用語が多いのは確かです。
始めからこの辺りの事をする必要もありませんよ。
自分も最初は1枚モノで満足していましたし。
段々、深みにはまっていった感じです(^^;)

合成した画像を綺麗に仕上げるのはフォトショップでのノウハウ次第、残念ながら自分にはこのノウハウがないんですよ。
因みにフォトショップもCS2という古いソフトで、ライセンスフリーで一般公開されていた時にダウンロードしたモノです。
元はもっと古いバージョンのユーザーでした。
有料のソフトはプラネタリウムソフトだけ使っていますが、それもフリーソフトの方が使いやすかったです。
機能的にも過不足なかったですし。
この世界はフリーソフトがすごく充実しています。

自家用天文台をお持ちの方なら、バンバンに画像の合成術を持っていると思われますね。
一度探りを入れてみるのもいいかもしれませんね。

注文していたクロステーブルが届きました
なんか異常に早くて5/26注文で5/30着って中国発送では記録的です
あんまりにも早すぎる上に発送先表記が注文したとこじゃなくって
管理番号見ていなかったら受け取り拒否するところでした
未調整でもそれなりに使えますね
X軸バイス側の軸は若干ガタがありますが、私的には許容範囲でしょうか
X軸とY軸の直角度も削ってゲージで見る分には問題なさそうです
元がボロかったのでハンドル操作もスムーズです(^_^)
ttps://photos.app.goo.gl/Q6kWt19EEDEX6LoLA
ごちゃごちゃしてて写真は見苦しいですが参考まで

プロクソンのこのフライスをお持ちでしたか!
このぐらいのサイズのが小物には良いですよね。
ヤフオクで物色したりするのですが、結局高くなっちゃうので手に入りません。

以前リンク先で見たバイスの移動ブロック側が少し浮いているように見え、浮き上がり防止がされていない感じだったのでワークに負荷が掛かった時に緩んじゃいそうだなって思ったんですが、杞憂だったみたいで良かったです。
安くて使えるモノに出会うとちょっと嬉しくなっちゃいますよね(^^;)

私も随分探したんですが、良いのは高くて
これは錆び錆びジャック電源無しで結構安く手に入りました
ただ、専用電源がAC38Vって(−_−;)
スライダックでもあれば良いのですが、それも高くて
結局パチンコ用のAC24V電源見つけて使ってます
半分ちょいの能力しか出ていない筈ですが
樹脂やアルミくらいならなんとかって感じですが
ドリルチャックしかなかったので、ほぼボール盤扱いだったりで
最近アマゾン見てたらホーザン製のフライス盤のコレットチャックがあったので購入
スライダックもメルカリとかだと、割と安いのがあったので手に入れようかと
まともな電源でどれくらいの能力があるか楽しみですね
ただ、このフライス盤、z軸はどうしようもなく使い勝手が悪くて
ワークに負荷がかかったら、モーター側がズレそうです
浮き上がり防止はされてるのかな(^_^;)

そうなんですよね、おっ!安いって思うとトランスがないんですよ。
それでも価格が上がって3万超えると、これに別売りのトランス買うと5万ぐらい・・・中華フライスが買えるじゃんって思って断念することになるんですよね。
だけど中華フライスだと重いし大きすぎるんだよなぁ。
Amazonあたりだと今のNo.27000用のトランスが11,000円ちょっとで売っていますが、出品されている古いタイプの本体で使えるのか不明だし・・・。
まぁ、自分にはボール盤のなんちゃってフライスが合っているのかも知れません(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える) | トップページ | 番外編 (TPUでのトラブルを解消するためにどうしたらよいのか考える その2) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ