« 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) | トップページ | 番外編 (TPUで再トラブル&フィラメントの保管方法) »

2019年5月20日 (月)

工作室 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを作る)

新たに注文したTPUフィラメントが届きました。

「X-SMART」で使えなかったTPUフィラメントは、フィラメント径が仕様を満たしていなかったこともあって出品者の了解を得て返品OKとなりましたよ。
※追記
返品ではなく返金処理となりました。

今回購入したのは「PRILINE 3Dプリンター用 TPU FLEX弾性樹脂フィラメント【1kg 1.75mm】直径精度+/- 0.03mm、ブラック」です。

フィラメントの硬さについては標記が無いのですが、別のメーカーで”TPU 95A”と硬さが明記されているものよりも硬いというレビューが有りましたので、それを信じてみました。


「X-SMART」を起動してフィラメント交換の手順を踏み、フィラメントをロードさせてみると・・・おぉ!問題なくノズルから安定供給されるじゃありませんか!

どうやら今回の買い物は成功したようです。




ということで、早速、印刷してみました。
Dscn7264

1時間40分ぐらいで出来上がり。

ラフトを外して・・・。
Dscn7265

ヘッド温度は200度、ステージの温度は50度、印刷スピードは50mm/sでやってみました。

ちょっと粗い出来上がりかな?設定が一番粗いやつでプリントしましたからこんなもんでしょ。

少し使ってみて気に入らなかったら、ジャンク双眼鏡のキャップとして使えばいいや。

その時は、常用双眼鏡には改めていい品質の設定で作り直します。



さて、接眼部にはちゃんと嵌るのかな?
Dscn7267

ピッタリです。

双眼鏡を拡げてみても・・・。
Dscn7268

少し負荷がかかっているのかな?でも、問題なさそうです。

素材の柔軟さも良い具合なんじゃないかな?

他のTPUを知らないから比較はできません。


同じTPUでもいろいろあるんですね。

いい勉強をさせて頂きました(^^;)


続いて対物側のキャップを印刷しています。

25時過ぎには出来上がる予定ですが、起きていられるかなー?


« 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) | トップページ | 番外編 (TPUで再トラブル&フィラメントの保管方法) »

双眼鏡」カテゴリの記事

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

どんどん進化してますね(^^
TPUフィラメントってポリウレタン系で軟質素材なんですね
後加工はできないでしょうが、なかなか面白い使い方ができますね
接眼レンズ部のカバーばっちりじゃないですか
うちのプリンターはもともとPLAとABSにしか対応していなかったんですが
Shopカスタムでフラットベットの温度やノズルを調整してあり
多分TPUも使えるはずなんですが、まだつかったことないです
中古のレンズとかでレンズキャップないのがあるので使えそうですね

あとPETGも使えるんですけど、今のところ用途が思いつきません。
使えなかったTPUは返金処理になったのでモノは手元に残ります。
冬まで保管して使ってみようと思っています。
まぁ、駄目っぽいですね。

魔流さんのもTPUが使えるといいですね。

この不良品を含めてフィラメントが5つになっちゃいました。
保管の為に圧縮袋と乾燥シートを100均で手に入れたので、その方法での保管を試そうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (双眼鏡「nikon 9x35 7.3°」用にレンズ保護キャップを考える) | トップページ | 番外編 (TPUで再トラブル&フィラメントの保管方法) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ