« 物欲 (懐かしのルービックキューブ) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) »

2019年4月28日 (日)

番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その3)

先日、クルーズ客船の寄港ラッシュが有りました。

生憎の雨でしたが、一応、写真を撮っておきました。

そちらは、また、後日ということで(^^;)




今日は表題のモノを実際に印刷して組み上げてみましたよ。

これをね。
Telescope_band-v2


まとめて印刷していいものか迷いましたが、パーツ間にPLAがクモの糸みたいに貼り巡るのも嫌だなと思い、全て別々に印刷しましたよ。

大きなパーツ。
20190428_163611

バンドの部分が34分。



細かいパーツは・・・。
20190428_160813

3分とかそんな感じ。

6個のパーツ全部で2時間弱でした。



印刷後のサポートを取り去ったり、その跡やバリの修正が意外と面倒でした。

金属パーツを削り出す前に実際に組んでみたかったのですが、これをやっておいてよかったです。
Dscn7208

Dscn7209

鏡筒を締め込む部分、長さがおかしかったんですよ。

なんか勘違いしたみたいでネジの部分が長すぎました(^^;)

あと、メスネジになっているノブももっと長い方が良いね。

中タップしか持っていないので、ネジ奥の方までちゃんとネジが切れません。

リサイクルショップで仕上げタップがあればM3~M8ぐらいまで手に入れておこうかな?

まぁ、貫通させちゃってもいいんだけどね。



3Dプリンターで一応形にはなりますけど、精度の面ではあまり出ないので穴とかはドリル&リーマーで整形が必要です。

ネジもそのままでは噛み合いません。

面取り部分も、サポートが付いたりすると取り去った後、そこが凸凹になるので結局ヤスリ掛けが必要になったりします。



今回、スライスソフトではデフォルト値から変えた部分があります。

表面になる上部レイヤー&底部レイヤー&ウォールをすべて4にしてみましたよ。

少し強度が上がるのかな?って思っての事です。

あと、インフィル(中身の密度)も15%から50%に変えました。


もう少し、設計を見直してから金属パーツを削り出そうと思います。

ゴールデンウィークは天気が悪いみたいですが退屈知らずで過ごせそうです(^^;)

 

« 物欲 (懐かしのルービックキューブ) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

金属で削り出す前のモックアップてことでしょうか?
2次元の図面だと可動部あると干渉とか実際に動かさないと分かりにくいですし
3DCADで立体見ながら作ると分かりやすいなぁと
さらに3Dプリンターでモック作りゃ完璧ですね
同じように金属の加工が出来たらですが(^^;)

アマゾン眺めてたら、つい、魔が差してっていつものことですが(笑
GWのオモチャにこんな物買っちゃいました
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MKH6K3T
電源やスピードコントローラは手持ちでありますので、本体だけの1番安いのです
いや〜しっかりしたものがこんな価格で売ってるんやと思ってたんですが
う〜ん小さい、最初からわかってたはずなんですが、やっぱり小さすぎたかなと
ベルト幅10mmは狭いですね、実用するなら30mmはやっぱりいるかな(^^;)
まぁモーターが両軸なんで、反対側に小さめのディスクサンダー付けるのもいいかも
ちょっとした小物の研磨には役立ちそうです
どうですが?本チャン金属パーツの研磨バリ取りに

リョービのBDS1000というベルトディスクサンダーをベルト幅を好きにカットしたりして使っています。
これ削れ過ぎちゃうのが難点です。
エアツールのベルトサンダー(小さいハンドツール)のがいいかな?って思うんですが動作音がうるさいと使えないので踏み切れません。
リンク先のは気軽に使えそうでいいですね。

グラインダーに付けて使うので、ホームセンターにあるようなのじゃ無くって
これと同じよう形のもあったんですが、おっしゃる通り音がね
これは12〜24vで動作するDCモーター直なんで、音は静かなもんですよ
ただし、その分トルクもないですけどね
ローラーを長いので作り直して、長いベルトを使えるようにベース伸ばしたらとも思いますが
普通サイズのもあるのでこのまま使うのがいいでしょうね
ベルトサイズが特殊なんで、ホームセンターで売ってるグラインダーに付けるアダプター用のが合うといいんですが

330mmのベルトってリョービとかいくつか扱いがあるみたいなんでホームセンターで手に入るんじゃないですかね?
10mm幅ならモノタロウで10本入り489円ですね。
結構使い勝手が良さそうな感じ。

今日ホームセンターで確認したら
リョービのグラインダーアダプター用のが使えそうでした
これで消耗品は問題なさそうです(^^)

リョービのベルトサンダー持っておられるんですね
私がこちらを見てた範囲ではなかったので知りませんでした
フライスや旋盤ときたらあって当然ですね
ナイフメイキングだと定番ですし、欲しいなと思って見てるタイプですね
でも結局買ったのはこんなやつです
https://images.app.goo.gl/fXa961uZ3T1UbEHT6
勿論、オークションの中古ですが
金属でもゴリゴリ、確かに削れすぎますね
これ持ってて、あれ買うかって話ですが(^_^;)

道具はいろいろあると何かに使えるので無駄にはならないですよね、とか言ってると際限なくなっちゃうかもしれませんが(^^;)

BDS1000はリサイクルショップで未使用品が8,000円だったので即買いしました。
以降、同じ商品を度々中古で見かけますが、新品と同じような値段で出ているのですごくお買い得だったと今でもニンマリしますよ。
粒度は細かいモノを使用しているのですが、油断するとすぐ削り過ぎちゃうので集中して作業しないと思わぬ失敗をしてしまいガックリすることが多々あります(^^;)

あのタイプってメーカー選ばなければ15000円前後で有りますしね、今でも悩みます
私のもそれくらいですね、私でもハードオフとかでその価格で見かけたら持って帰ってそうです
YouTube 見てるとベルトサンダーの自作もいっぱいあって、バンドソーなんかもそうなんですが
比較的構造も簡単なので、作って見たいなぁ〜なんて思って、しばらく我慢して、部品集めたりしてたんですが
結局中古でいいなら買ったほうが安いってなるんですねー〜私の場合(^_^;)

SK11とか他のも筐体は同じですね。
スイッチとか微妙に違いますがどれを買っても大差はないでしょうね。
ハードオフで手に入れました。
バンドソーもハードオフ。
価格は忘れちゃったけど1万しなかったと思います。
鋸刃が付いていなかったんでそれを買って1万は越えちゃいましたが・・・。
これが無かったらアルミ板を切るのに今でも四苦八苦していたことでしょう。
道具って有難いものです(^^;)

金属用のバンドソーも、初めて使ったら感激ものですね
グラインダーとかで火花散らして轟音出して切ってたのが
こんな簡単に切れていいのかってくらい
草刈機の仮にも刃物のブレードがサクッと切れます
日立の古いのをオークションで安く手に入れました
人気というか需要がないのか木工用のバンドソーより安かったり
私のは5000円でしたし(^^;)
こ汚いですしオイルの臭い匂いもありですが
現状手持ちでしか使えないんで、コンター化したいなと

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物欲 (懐かしのルービックキューブ) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ