« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その1) | トップページ | 物欲 (懐かしのルービックキューブ) »

2019年4月25日 (木)

番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その2)

池袋の暴走事故で運転免許の自主返納についての議論がより活発になって来ていますね。

うちの亡きオヤジの場合は特に揉めることもなく、ある日突然「免許返してきた」に続いて、「これからは運転手を頼むぞ」と言われましたよ。


そこに至るまでには何度か「危ないからそろそろ返納を考えた方が良い」という忠告はしていました。

歳をとると視界が狭くなるようで、見えているようで全然見えていないんですよね。

まだ70そこそこの時でしたが、飲み会があるとき等送ってもらうことがあったんですけど、信号が赤なのに止まる気配がないことが結構あったんです。

「信号赤!!!」って叫んだことが何度もありました。

加えて家の駐車スペースに車をバックで入れるのにも、何度も切り返して苦労するようになったんです。

昔は一発で入っていたのに・・・。

諸々自覚があったんでしょう、自ら返納してくれて有難かったですよ。

地方都市なので交通の便は都会ほどよくありませんが、タクシーやバスを利用して結構あちこち出掛けていたようです。

都会に住む方なら、より返納へのハードルは低いことでしょう。

人の密集度を考えたら、田舎の老人の返納よりも急がなければならないのは都市部だと思います。

何か有効な対策が立てられるといいですね。





さて、前回の鏡筒バンド、もう少し進めてみました。
(※ミニボーグ50とか軽い望遠鏡用に考えています。重く大きい望遠鏡を載せようとしている訳ではありませんよ。)

Telescope_band-v2

ヒンジやリングの締め込み部をΦ6mmの真鍮で作り込むつもりで考えてみましたよ。

止めるのはスナップリングなどを真鍮に溝加工して嵌め込むつもりです。

締め込むツマミはΦ12mmのアルミにローレット加工を施すつもり。


あとはアルカスイスプレートなどに固定するネジをどうするかだな。

家具用の金属ダボが1/4ネジになっているんですよね。

それを埋め込むかな?

今の自作鏡筒バンドはΦ60mmの雨樋固定用デンデンに、この家具用ダボを使って固定しています。

それと同じにするか、改めて市販のナットを埋め込むことを考えるか、どっちかかな。




それにしても「FUSION360」ってネジを描くの簡単ですね。

「DesignSpark Mechanical」では結構難しいんですよ。

PCへの負荷が軽いのは凄くメリットがあるんだけど、慣れてくると「FUSION360」はレンダリングなどのツールもあるし、機能が豊富で使い勝手が良いですね。

« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その1) | トップページ | 物欲 (懐かしのルービックキューブ) »

工作関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その1) | トップページ | 物欲 (懐かしのルービックキューブ) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ