« 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる 完結編) »

2019年4月30日 (火)

番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その4)

今夜の番組、案の定、平成&令和のオンパレード。

まぁ当然そうなりますよね(^^;)

そこを敢えて全然別の番組をやるようなチャレンジングな局は無いんですかね?

結構視聴率取ると思うんだけどなぁ・・・そんな番組を見るような自分みたいな捻くれ者は少ないのかなぁ、やっぱり。





天気も悪いし、3Dプリンター弄りに精を出していますよ。

先日作った鏡筒バンドはちょっと細すぎた感じなので、改めて作り直しました。

FUSION360もだいぶ慣れてきましたが、アニメーションにも手を出そうとして躓いています。

その内に手懐けてやろうと思っています。


今のところは手に負えないのでGIFにしました。

こんな感じで各部を少し盛って・・・。
Telescope_ring2v3a

GIF。
Telescope_ring2-v3_1

鏡筒バンドの動きなんて誰でもわかるからGIFにする必要はないんですけど、アニメーションに出来なかった腹いせですよ。


前よりも、・土台の幅を大きくとった、・バンドの幅も広げた、・バンドの厚みは薄くした、とこんな感じの変更をしましたよ。

中身の密度も高くして強度アップも図りました。

リング下部の印刷時間は前作の30分くらいから、今回は1時間半くらいと長くなっちゃいましたけど、強度は明らかに高くなりました。

まだ、リング下部しか印刷できていないので、全部終わるにはあと3時間ぐらいかかるかな。


3Dプリンターの材料だけでも軽いボーグなら問題なく使えそうですけど、このまま天気が悪ければ所々金属パーツに置き換えるつもりです。

« 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる 完結編) »

工作関連」カテゴリの記事

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (3Dプリンターで小道具を作ってみた その1) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる 完結編) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ