« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その2) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その3) »

2019年4月26日 (金)

物欲 (懐かしのルービックキューブ)

何を血迷ったかルービックキューブを買っちゃいました(^^;)

流行ったのはいつでしたかねー?

ウィキによると1980年となっていたので、高校生の時ですか?なんだか小学校?ぐらいだった気がしていたんですけど。

当時は本物ではなくパチモンを使っていたような気がします。

記録的には30秒を切っていたと・・・コンスタントには50秒前後だったかな?


この間、リビングのテレビボードっていうのかな、主に亡き親父の道具などの収納場所、そこの中身を整理していたらルービックキューブがあったんです。

懐かしーってやり始めたら・・・結構手が覚えているんですよ。

全面揃えることは出来ませんでしたがそこそこ出来ました。

自分のやり方は今風ではなく底面を揃えて・中段を揃えて・最後に上段を揃える方法です。

今時はLBL法とかいうのが主流らしいのですが、揃えられれば何でもいいです。


最後の面がなかなか出来ない、手が覚えていそうなんだけど、そのルービックキューブがギシギシしていて引っ掛かったりとなんともリズムが悪くて中断されるのですよ。


メンテナンスしようかな?とも思いましたが、ググってみたら今のルービックキューブは進化しているんだそうな。

もう別物って感じらしくて・・・確かにテレビでたまに出てくる目隠しチャレンジとかの人の動かし方を見ていると、片手でクルクル回しているじゃないですか。

ルービックキューブV2.1って事で、構造も進化しているし磁石も入っているらしい。

そうなるともう試してみたくなっちゃって・・・。

ということでこうなりました。
Dscn7199

これは外箱。

中身。
Dscn7206

これはパチモンです。

今は本家のモノよりも中国製の方が優れているらしいですよ。



本体。
Dscn7204

スタンドとケースが付いています。

そして色はシールではなく樹脂そのものに色が付いています。

剥がれなくっていいですね。

真ん中のブロックに隙間が多いのですが、コーナーカットというらしいです。

引っ掛かる原因のコーナーを丸めてスムーズに回せるようにという事らしいです。


早速回してみました。

超軽ーい!!!

回しきれていなくても引っ掛かる事もなくサクサク回ります。

思ったように回せるのでしばらくやっていたら、完全に手が思い出してくれました。

全面揃えられるようになりましたよ。


これね、昔のルービックキューブで言うとテンションが弱くて回転は軽いんだけど、ちょっと引っ掛かるとバラバラになっちゃうってことありませんでした?

わざとそう言う風に調整したりしたこともありましたが、今のはそんな状態に近いんですけどブロックが抜けないような構造になっています。

ブロックを引っ張ると凄く隙間が空いて中の仕組みが見えますが、それでもバラバラにはなりません。

古いルービックキューブからこれに変えると、なんとも頼りない感触に思えますが、ちょっとやっているとすぐに慣れます。

バラバラにはならないし軽く回せるので、なんだか気持ちよくなっちゃいます。


競技用とかいろいろあって値段もピンキリ。

自分は磁石搭載のシールではないモノの中で、競技には使えない安いヤツを選びました。

1,780円でしたよ。

色がシールのヤツなら1,000円も出せばいいモノがあります。

懐かしくなった人はAmazonへゴ~!

« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その2) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その3) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その2) | トップページ | 番外編 (3Dプリンターで鏡筒バンドを作ってみる その3) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ