« 番外編 (トレイルカメラ ファーストインプレッション) | トップページ | 今日の港 (東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニーモデルナ(SYMPHONY MODERNA)」) »

2019年2月16日 (土)

番外編 (スカイメモS専用目盛環の作り方とテンプレートを見直しました)

もう旬を過ぎてしまった感ありありのスカイメモSですが、ドイツ式ユニット込みで手軽に購入できるポータブル赤道儀としての存在感は薄くなっていないと未だに信じているブログ主です(^^;)


ポタ赤で天体をズバッと一発導入するのは中々に至難の業なんですが、ドイツ式ユニットが低価格で組めるスカイメモSならちょっとした小道具を作ることでそれが可能になります。


今回久し振りにその小道具の作成について問い合わせを頂きまして、過去の記事を見直しましたので改めて紹介させていただきます。

小道具というのは目盛環なんですが、ポタ赤には目盛環ってないんですよね。

こんなのですよ。
Dscn6519

どちらも赤経軸用の目盛環です。
上は工作不要なラベルシールを貼るだけのモノ。
下は塩ビ管を組み合わせて作るモノ。
どちらも機能に差はありません。
赤緯軸用は塩ビ管を適度な長さに切るだけで出来ちゃいます。


これがあると、ポタ赤の最大の弱点である積載重量&バランス取りに大きなアドバンテージが出来るとともに、なにより、それなしには導入が難しい天体がズバッと導入できちゃうんです。

積載重量&バランスについてはファインダーが不要になるという大きなメリットがあるんですよ。


ポタ赤なので本格的な望遠鏡を使うことはまずないでしょ?

カメラレンズで望遠を使う時にまず困るのがファインダー。

付ける為の加工にも工夫がいるし、付けたら付けたでバランスがとりにくくなって・・・。

そして、ファインダーを付けたからと言ってけして導入が簡単にはなりません。

ボーグを使うにしたってせっかく軽量な望遠鏡なのにファインダーを付けてバランスを崩してしまうのは勿体ないと思う訳です。

それらの問題を目盛環を使えば一気に解決できるんですよ。

使い方とかは多少慣れる必要はあるかもしれませんが、そんなに難しいことじゃありません。

気になった方は「目盛環 使い方」で検索!

天体の位置を知るには、スマホをお使いの方なら現場で使える無料のアプリなんかもあります。



多少の工作は苦にならない方で目盛環に興味が沸いた方は、右上のリンクからでも、こちら「目盛環の作り方&テンプレート」からでもご一読ください。

過去記事を繋げてまとめていますので、読みにくい点があるかもしれませんが、きっと天体導入に劇的な改革をもたらしますよ(^^;)

« 番外編 (トレイルカメラ ファーストインプレッション) | トップページ | 今日の港 (東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニーモデルナ(SYMPHONY MODERNA)」) »

Skymemo-S(スカイメモS)使用記」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)の目盛環」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 番外編 (トレイルカメラ ファーストインプレッション) | トップページ | 今日の港 (東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニーモデルナ(SYMPHONY MODERNA)」) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ