« 物欲 (miniBORG 60n 対物レンズ) | トップページ | 番外編 (miniBORG 60nのテスト その2) »

2018年12月17日 (月)

今日の星空 (月明かりの下の46P(ウィルタネン彗星)) (副題:miniBORG 60nのテスト)

札幌でガス爆発事故ですか。

死者が出なかったことは不幸中の幸いでしたね。

静岡に住んでいますとゴールデン地下街のガス爆発事故の事を思い出します。

自分が行ったことのあるお店付近を中心に大惨事となりました。

ガスは目に見えないので怖いです。

だから臭いを付けてあるらしいですけど、事故には気を付けないとね。



帰宅時に寄り道をして手に入れたばかりの「miniBORG 60n」のテストをしてきました。

月が煌々と辺りを照らしていましたが、折角のスッキリとした星空ですから、この機を逃すわけにはいきませんよ。

サクッと25枚撮影し撤収しましたよ。


先ずは恒星基準で。
46p_iso32_30sx21_std2
(SONY NEX-5(N)改 miniBORG60n+レデューサ0.85xDG ISO3200 30sX21 LPS-D1 Skymemo-S)


レデューサ0.85xDGとの相性は「miniBORG50」よりも良さそうです。

自分基準ではこれは充分に使えますね。


彗星核基準で。
46p_iso32_30sx21_cmt

背景はカッパ・シグマクリッピングで消しましたよ。

彗星核&恒星基準で。
46p_iso32_30sx21_cands2


これでボーグシリーズは「miniBORG50」・「miniBORG60n」・「miniBORG71FL」・「BORG76」というラインナップになりました。

ポタ赤なのでメイン機種は「miniBORG50」・「miniBORG60n」です。

あ、そうだ!

今回の撮影は昨日の夜景でのテスト撮影時のままだったので、46mmの対物絞りを使ったものになっています。

今度撮影するときには対物絞りを使う意味があるのかどうか比較撮影して検証したいと思います。

« 物欲 (miniBORG 60n 対物レンズ) | トップページ | 番外編 (miniBORG 60nのテスト その2) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

miniBORG60n関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 物欲 (miniBORG 60n 対物レンズ) | トップページ | 番外編 (miniBORG 60nのテスト その2) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ