« 番外編 (DeepSkyStackerの操作 彗星編) | トップページ | 番外編 (暇つぶしの工作と意外な結末) »

2018年12月 9日 (日)

今日の星空 (46P(ウィルタネン彗星))

昨日はGPVの予報とは裏腹に星が見えていました。

これは薄雲越しの星空なのか?との疑問を抱きながらも、見えているなら彗星撮っちゃえってんで近所の海岸に20時過ぎに出掛けましたよ。

東から南にかけての空にしか星は見えませんが、南中前の46Pは何とかなりそうな気がしました。

既に彗星の空域は光害の中に入っているので肉眼ではほとんど星は見えません。

チャチャっとセッティングを済ませて、よく見えるカペラを導入、目盛環をセット、46Pの目盛へSkymemo-Sを操作します。

一発導入で位置の微調整をし、25枚のスケジュールで撮影に入りました。

待っている間に双眼鏡を口径の違いで3機種取り出して見比べてみましたよ。

倍率は7~8倍です。

先ず8倍42mmで・・・おぉ!見えるじゃないか!。

次に7倍50mmで・・・当然見える!

最後に8倍32mmで・・・なんだ、全然見えるじゃん。

そう、肉眼では見えないものの双眼鏡では余裕で見えるほど明るくなっていたのです。

大都会ではどうかわかりませんが、静岡ぐらいの光害では双眼鏡で見える彗星となっています。

明らかに薄雲が流れてきた状況でも見えましたから、気になった方は双眼鏡でチャレンジしてみてください。

さて、写真の方は・・・。

恒星基準。
46p_iso32_60sx20_s
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60sX20 LPS-D1 Skymemo-S)

フルサイズの画角ならM77と一緒に撮れるみたいなんですけど、APS-CのNEX-5Nではコラボは無理です。

彗星核基準。
46p_iso32_60sx20_c_2

彗星核基準&恒星基準。
46p_iso32_60sx20_cs

恒星がダブってますね。

この現象、どうやったら防げるのか分かりませんorz


それと一つ困ったことが・・・普段、現場で天体の位置を確認するのに「TeleSkyMap BT2」というスマホのアプリを使っているのですが、これが、出掛ける前に彗星軌道データの更新をしたら、天体の検索が彗星だけ出来なくなっちゃったんです。

他のアプリで彗星検索が無料で出来るのはビクセンのアプリぐらいしか知らないんですけど、あれは方位と高度での表示なので使えないんですよね。

なんだろう、今回の彗星軌道データに不備があるのかな?

直ってくれるといいんだけどなぁ・・・。

« 番外編 (DeepSkyStackerの操作 彗星編) | トップページ | 番外編 (暇つぶしの工作と意外な結末) »

miniBORG50関連」カテゴリの記事

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (46P(ウィルタネン彗星)):

« 番外編 (DeepSkyStackerの操作 彗星編) | トップページ | 番外編 (暇つぶしの工作と意外な結末) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ