« 番外編 (バーティノフマスクって双眼鏡にも使えるんじゃない? 完結編) | トップページ | 今日の星空 (46P(ウィルタネン彗星)) »

2018年11月28日 (水)

番外編 (海岸の潮溜まり?)

いつもの海岸にて、TNRが再開されました。

休止されたのかと思っていましたが、新たに予算でも付いたのかな?

バン2台で6~7人、捕獲器も多数用意していましたので、今回はかなり進みそうな気配でした。

6~7匹ぐらいは見ている間に確保されていましたよ。

捕獲後はマイクロチップでも確認していたのかな?金属探知機みたいな道具を使っていました。

慎重な猫はどうするのかな?捕獲器に入らない子もいるだろうに・・・。

人懐っこい子はネットでも捕獲されていましたが、捕獲器にも近寄らない&人が来れば逃げる子にはどんな手を使うのか?興味ありますね。



さて、本題です。

潮溜まりっていうのとは違うと思うんですけど、満潮に近付いて潮位が上がると波打ち際のさらに陸側、波に寄せられて砂や石が盛り上がった先の低地に海水が染み出して水溜りが出来ます。

こういうの。
Like_uyuni

潮溜まりは岩礁など磯で潮が引いた後に出来る水溜りで、魚などが残って子供にはいい遊び場になりますが、ここには魚はいません。

よ~く探せばスナガニなんかがいるかもしれませんね。

フィッシュイーターにイワシが追われてこういうところに入り込んだりすれば面白いかもね。

子供の頃はカタクチイワシなのかな?捕食魚に追われて砂浜に大量に打ち上げられることが頻繁にあったので、バケツを持って取りに行きました。

簡単に身が剥がれるので、それを生姜醤油で食べるのですが、これがまた美味しいこと!!!

今ではそういう事に縁が無くなりましたが、機会があればまた食べてみたいですね。

« 番外編 (バーティノフマスクって双眼鏡にも使えるんじゃない? 完結編) | トップページ | 今日の星空 (46P(ウィルタネン彗星)) »

散歩写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (海岸の潮溜まり?):

« 番外編 (バーティノフマスクって双眼鏡にも使えるんじゃない? 完結編) | トップページ | 今日の星空 (46P(ウィルタネン彗星)) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ