« 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ | トップページ | ジャンク部屋 (壁うらセンサー「EZ380B」) »

2018年9月12日 (水)

ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」)

また見つけちゃいました、引き伸ばしレンズ。

自分のジャンクレンズ予算上限の1,000円でした。

90mmって必要なさそうだなぁって思いましたが、光条が綺麗なFUJINON-ESだったので、あの時に買っておけば・・・なんて思いをしなくてもいいように買っちゃいました。

無限遠が出るのか若干の不安はありましたが、エクステンションチューブもM42ヘリコイドもいくつかあるので大丈夫でしょ?

先ずはブツ撮り。
Dscn7055

ジャンクでもケースが付いていることの方が多いですね。

自分が買った引き伸ばしレンズでケースが無かったのは、E-LUCKYだけです。

カメラレンズと違って焦点距離が違ってもボディの大きさは変わらないんですね。
Dscn7058

ジャンクの割に状態は良く、何もメンテナンスはしていません。

無限遠は以下の組み合わせでギリ出ました。
Dscn7061

以前の組み合わせにM42のエクステンションチューブのNo.3とNo.1を足してあります。

ライカLマウント-M42変換ステップリングが根元まで入らなければ、No.1のチューブを外せば確実に無限遠が出ます。


だけど、見た目がカッコ悪いですね。

ボーグのパーツとかで構成したら見た目は改善されるかも知れませんが、高額になっちゃうので見た目は無視。

さて、使い道はあるのでしょうか?

« 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ | トップページ | ジャンク部屋 (壁うらセンサー「EZ380B」) »

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」):

« 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ | トップページ | ジャンク部屋 (壁うらセンサー「EZ380B」) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ