« ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサー、付ける価値ある?) »

2018年9月18日 (火)

ジャンク部屋 (壁うらセンサー「EZ380B」)

あっちでパワハラ、こっちでパワハラ、世の中パワハラ祭りですな・・・。

何だかだんだん訳が分からなくなってきましたよ。

パワハラって何だっけ?

どこかのクイズ番組にも出題されていましたが、世の中ハラスメントばかり、何でもハラスメントになっちゃうんだね。

ってこの話題、これもなんかのハラスメントになりそうなのでこれで止めます。




ブログネタに詰まって些細なネタをあげときます。

工具のリサイクルショップのジャンク箱でこんなモノを見つけました。
Dscn7062

ナショナルの壁うらセンサー「EZ380B」です。
Dscn7063

使い古されていて動くかどうかわかりませんが、レジに持っていくと動作確認をしてくれましたよ。

ちゃんと機能していたのでそのままお持ち帰り。


これは壁裏の間柱などを探知する便利道具です。

無くても壁をコンコン叩いて探すことは出来ますし、普通は45.5センチごとに入っていますので、見当をつけたところから次の見当までの間隔を測って45センチぐらいなら間違いなくそこに間柱があるはずです。

だけど、これがあればより正確に、しかも柱の幅までわかっちゃうので、壁に何かを取り付けたいときには有難いモノなんですよね。

だけど、普通、素人が日曜大工をするのに買っておこうという気にはなかなかなれないのも事実。

いいモノを見つけちゃいました(^^;)


今時需要の少ない9V型の電池をつかいます。

最近は100円ショップでも売っている電池なので、ダイ〇ーに寄って買っておきました。


年老いた母が体のバランスが取りにくくなっているので、いろんなものに摑まっちゃうみたいで、タオルハンガーやカーテンレール等石膏ボードに取り付けているモノをことごとく破壊してしまうんです。

今までは石膏ボードにネジ穴を作るアンカーなどを利用していましたが、強度的に持ちません。

間柱を的確にとらえて固定していくようにしないと、どんどん壁が崩れて行ってしまいます(^^;)

石膏ボードをDIYで替えてもいいのですが、これがあれば今後の日曜大工にも役に立つと思いますよ♪

« ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサー、付ける価値ある?) »

ジャンク品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク部屋 (壁うらセンサー「EZ380B」):

« ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ「FUJINON-ES 1:4.5/90」) | トップページ | 番外編 (デュアルスピードフォーカサー、付ける価値ある?) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ