« 今日の港 (カーフェリー「さんふらわぁ きりしま」) | トップページ | 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ »

2018年9月 6日 (木)

ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ 3種)

ここのところ災害が続きますね。

それも甚大な被害を被ったものばかり。

地球が悲鳴を上げているのでしょうか?

北海道で震度7!

来る来ると言われ続けて数十年の南海トラフでの大地震は一体いつ来るのでしょうか?

出来たら自分が生きている間は来ないで欲しいなぁ。

被災地の出来得る限り最短での復興を願うばかりです。


さて、今更の引き伸ばしレンズ遊びです。

フランジバックの短いミラーレス機が出て拡がったこの遊び、今更ながらに始めてみました。

コツコツとジャンク品を買い集めて50mmのみ3本集まったところでマウントアダプターを買ってみました。

その3本。
Dscn7044

左から
・E-Lucky Anastigmat 1:3.5 F=50mm
・FUJINAR-E 1:4.5 f=5cm
・FUJINON-ES 1:4/50

FUJINARだけ500円で他は300円でした。

75mmとかも見つけてはいたのですが、守備範囲外の価格だったので手が出ませんでした。

具体的にこれはいい!!って思うようになったら守備範囲を広げてもいいとは思いますが、自分の中で利用方法が定まっていない現状では500円ぐらいが上限です。

カメラにセット。
Dscn7049

Dscn7052

Dscn7051

オーバーインフですが無限遠から最短は30cmぐらいまでカバーします。

エクステンションチューブも手に入れてあるので、更に近接撮影も可能にはなっていますが果たして用途はあるのかな?

マウントアダプターはPIXCOのM42-M42の17-31mmヘリコイドとM42-NEXのマウントアダプターにライカLマウント-M42変換ステップリングを組み合わせています。


ただ、この組み合わせには相性が発生し、そのままではFUJINON-ESでは無限遠が出ませんでした。

引き伸ばしレンズはライカL39マウントなので、変換リングをレンズにつけてM42ヘリコイドにねじ込むのですが、ヘリコイドのネジ溝に余裕が無く変換リングが3/4回転弱しかねじ込めなかったのです。

変換リングは、他のM42マウントアダプターには問題なく使えるモノでしたので、M42ヘリコイド側の問題です。



おもちゃの旋盤は所有していますが、ネジ切りは出来ない旋盤なので工具に頼ることは出来ません。

でも、ねじ切りバイトは持っているので手バイトとして使用し、ネジ溝をハンドでなぞって拡げる・・・なんて地味な作業をした結果無限遠が出るようになりました。

いろんな工具を持っていて良かった~!

M42ヘリコイド、無駄物買いになるところでした(^^;)


さて、どんな用途に使うのがいいんでしょうかねー。

しばらくの間、NEXに着けっ放しにして考えてみようと思います。




※20180907追記
解放から1段絞った時のそれぞれの光条の比較です。
Striation

個人的に綺麗に感じるのはFUJINON-ESだけどちょっとうるさいかな?

AnastigmatぐらいでFUJINON-ESみたいにハッキリ出るとGood!

FUJINAR-Eはちょっと汚く感じます。

« 今日の港 (カーフェリー「さんふらわぁ きりしま」) | トップページ | 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ »

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

ジャンク品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク部屋 (引き伸ばしレンズ 3種):

« 今日の港 (カーフェリー「さんふらわぁ きりしま」) | トップページ | 今日の港 (LNG船「AL THUMAMA」)とオマケ »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ