« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用四爪チャックについて 再修理)とオマケ | トップページ | 番外編 (ジャンクギターのパーツを作ってみる) »

2018年8月15日 (水)

番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用スピードコントローラー)

魔流さん、ありがとー!!!

諦めていたスピードコントローラーが出来ました。

ちゃんと使えましたよ!!!


ということで、そのスピードコントローラーです。
Dscn7007

Amazonで「PWM基板モジュール スピードコントローラー 無段階速度制御 0-5V PLC DC6V-90V 15A 1000W」という商品(完成基板のみ)を購入し、市内のパーツ屋さんで必要なパーツを購入して完成させたものです。

こちらがその基板。
61c3zvuysl_sl1000_
同じと思われる商品が600円ちょっとでも出品されていますが、大陸から郵送なので納期が掛かります。

自分が購入したのは1,000円ほど高いですがすぐに手に入る商品です。

プライム会員なら翌日には届くんじゃないですかね。



以前購入したモノは コンセント→コントローラー→ACアダプター→TZ20002MR という接続でしたが、今回は コンセント→ACアダプター→コントローラー→TZ20002MR となっています。

久し振りに半田ゴテを使いました。

こういった工作はホントに久し振りなので、細かい詰めを誤って、合わないパーツを買ったり、ケースからケーブルを引き出すところのゴムブッシュが無かったりと、やり直したい気持ちもありますが使えるのでこれで良しとします。

基板が1,680円、その他プラスチックケース等のパーツが500円弱、合計2千円ちょっとで出来ました。

通常では12,000回転/分で回りますが、これを使用すると全開でも半分くらいの回転数に落ちているみたいです。

実際の回転数は分かりませんが音の高さでそう感じました。

アニメーションにしてみましたよ。
Speed_cont

通常→コントローラー全開→徐々に絞るのアニメーションになっています。

アハハ!わかりませんね、アニメじゃ。

ということで動画です。

こちらの動画は停止~全開の様子です。

コントローラーを使うことで停止~全開まで無段階で変速が出来るようになりました。

あとは実際の切削時に使用してみてどうなのかを試してみたいですね。


使用感についてはまたアップ致します。

« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用四爪チャックについて 再修理)とオマケ | トップページ | 番外編 (ジャンクギターのパーツを作ってみる) »

機材」カテゴリの記事

超ミニ旋盤のあれこれ」カテゴリの記事

旋盤用アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

スピードコントロール、上手くいって良かったです
全開でも半分くらいってのが?ですが、そもそも私は最初からコンローラ使ってたので分かってなかったですが
ただ、残念なお知らせが(^^;) 回転は落とせますが、同時にトルクも落ちちゃうそうで、ちと残念仕様です
コンセントの間入れるのも私も買ったことあるのですが、バンドソーやベルトサンダーには今一使えない感じでした
まぁ元々が200V仕様のを100Vで使ったので調整しろがなさすぎたんですが

買ったドリルチャックあってないですね、お持ちのと一緒のはずなんでやっぱりM12ですね
高さも上げたいですし、コレットチャックも欲しいしでアリで見繕ったら1万越え(^^;)
悩み中です

なるほど、トルクも落ちると・・・こればかりは削ってみないとどこまで有効なのかわかりませんね。
突っ切りやローレットなどで使えるのなら作った甲斐があるんですが。
何かを作る過程で試してみます。

アクセサリー類で1万越えですか。
TZ20002MRとどのぐらいの違いがあるのか分からないので何とも言えませんが、切削能力に問題が無いのなら買いじゃないですかね。
似たような旋盤を買う必要もないような・・・芯間も最大135mmと同じみたいなんで。
どうせ買い換えるなら5~7万ぐらい出してその上の機種を狙いたいなぁと自分なら思っちゃいますが。

まぁ、ヤフオクもあるし、赤い旋盤が高値で売れたらTZ20002MRをアリババで買うってのもいいかもしれませんね。
このサイズの旋盤は作業台を工夫すれば、部屋の中でも切り粉を散らさずに作業が出来るのが一番のメリットですかね。
この暑い時期に外で作業なんてできませんから。
作業部屋がある人には、こんな理屈は通用しませんけど。

オモチャですし、趣味なんだから手を加えるのが楽しいからなんぼでもかけたら良いと思うんですが(^^;)
その上が欲しくなってきますよね、どうせなら
今まで手を出さないでいた木工にも最近YouTubeの影響でハマってきて道具が増えるいっぽうで
ガレージでいじってるんですが車出さないとですし、やり出したら毎回片ずけるのもで
専用の作業部屋欲しいですね
昨日から木工やってて、汗ダクすぎて洗濯物が増える一方です、シャワー後のビールも進むはで、もう出かけられませんし(笑)

ガレージがあるっていいですねー♪
雨&風&夏の太陽等を避けられるのは大きいです。
木工もいいですね!
囲われたところじゃないと木工はクズが飛んじゃうからなかなか手が出せないです。

スピードコントローラーを使ってアルミ棒を削ってみました。
普通の削りでは回転を落としても問題ありませんでした。
突っ切りは負荷が大きくなると止まってしまいます。
ですが、ノーコントロール時は食い込んでしまって下手すりゃバイトが破損ってことになりますが、コントロール下ではトルクが弱いことが幸いして食い込まずに止まるので好都合かもしれません。
今のところイイ感じかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用スピードコントローラー):

« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用四爪チャックについて 再修理)とオマケ | トップページ | 番外編 (ジャンクギターのパーツを作ってみる) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ