« 番外編 (最近買った小物達) | トップページ | 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用主軸手回しハンドルを考えてみた) »

2018年7月 7日 (土)

番外編 (壊れたバキュームブロワガンを直してみた)

七夕ですよ。

大雨でとんでもない災害となっているとニュースで見ましたが、本来は天の川に隔てられた織姫と彦星が年にたった1度会う日なのに。

日本はやはり亜熱帯化して気候が変わっているのでしょうか。

まだ、これから大雨の予報となっているようですが、これ以上災害が拡がらないように祈るばかりです。



こちらでは今にも雨の降りそうな曇天という天気でした。

午後から室内にて超ミニ旋盤の専用テーブルを利用して、標題の修理を行いました。

壊れたバキュームブロワガンについてはリンク先で確認いただくとして、今回の修理プランは、折れてしまったパーツの先に修理パーツを継ぎ足すことにしましたよ。

旋盤があるのだから、壊れたパーツを一から削り出すというプランがベストだと思うのですが、手間とコスト、あ、地震だ、今揺れました、話が逸れましたので戻します、手間とコストなどを考え簡単な方法を選択しました。

先ずは折れてしまったパーツの先に雄ネジを切ります。
Dscn6944

そして、他の用途で買っておいたM3のキャップボルトを改造します。
Dscn6945

キャップボルトの六角ネジ部はM3の雌ネジを切ってあります。

これをこんな感じで繋ぎます。
Dscn6946

実際に組み付けてみました。
Dscn6947

ちょっと測り間違えましたか・・・トリガー部が1mm弱飛び出してしまいました。

まぁ、問題ありません(^^;)

バキュームブロワガンに装着!
Dscn6950

これで元通り!

また切り粉の掃除が出来ますよ。

今度同じ箇所が壊れたら、今回のような継ぎ足し方法は使えないので削り出さなきゃなりません。

壊れないように優しく扱ってあげなきゃな・・・。

« 番外編 (最近買った小物達) | トップページ | 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用主軸手回しハンドルを考えてみた) »

工作関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (壊れたバキュームブロワガンを直してみた):

« 番外編 (最近買った小物達) | トップページ | 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用主軸手回しハンドルを考えてみた) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ