« 物欲 (工具類 小物いろいろ) | トップページ | 今日の星空 (火星) »

2018年7月30日 (月)

番外編 (AZ-Palm用アクセサリー「目盛環」の導入精度を検証)

表題の作業を近くの造成地にて、今、終えてきました。

月明りの中、久しぶりの星空を相手にテストです。
_dsc2431

導入精度の検証ですからお気軽にフィールドスコープ+NEX-5Nの組み合わせです。

ピントも追い込んでなんかいませんよ(^^;)

24倍のアイピースを付けています。

アイピースとセンサーの距離は65mmぐらいなので、焦点距離は1,560mmほどでしょうか。

一応バランスウェイトも付けてフル装備で。
_dsc2436

月を導入して月の高度&方位を目盛環にセット、次に目盛環を見ながらスコープを振り火星の高度&方位に合わせて火星を導入、続いて同じ要領で土星を導入、最後に同じくアルタイルを導入してみました。

証拠的な意味で撮った(綺麗に撮ろうとしていません)火星。
Mars

同じく土星。
Saturn

同じくアルタイル。
Altair

全く問題なく導入できましたよ。

このぐらいならバーニヤ目盛も必要ない感じですが、あった方が安心感はありますね。

お気軽な観望はこれでバンバン出来そうですよ。

シンプルな道具だけど目盛環万歳!!!

« 物欲 (工具類 小物いろいろ) | トップページ | 今日の星空 (火星) »

工作関連」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

コンパクトで見た目の雰囲気もいい感じですね。
最近、子供と惑星を見る機会が多いので、ササっと設置できる
観望システムに興味があります。

自分は遊んでる機材はないので、何かしら購入する必要がありますけど
惑星を見てて、自分の目でみる感動はまた違うものがありますね。

火星、チャレンジしました?
自分は今火星撮影から帰ってきたところです。
まぁ、豆粒くらいにしか写らないような機材しかありませんけど・・・。
眼視でも楽しもうと思っていたんですが、雲が出てきて見えなくなっちゃって終了です。

AZ-Palm用の目盛環は既に作り変えました(^^;)
方位の目盛環がゴツ過ぎて見栄えが悪いので・・・。
目盛りが読みやすいかなと思って径の太いモノを選んだのですがやりすぎでした。
更に改良しようと次の材料も買っちゃいましたのでまたネタにします。

お気軽観望にはAZ-Palmはいいと思いますよ。
安いのが気楽に扱えていいです。
微動も何にもないシンプルな構造なので、やっぱ微動が欲しいとなるとポルタですかねぇ。
笠井の経緯台はこれ以外は一気に高くなっちゃうんですよね。
ミザールのK型微動マウントを推している人もいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (AZ-Palm用アクセサリー「目盛環」の導入精度を検証):

« 物欲 (工具類 小物いろいろ) | トップページ | 今日の星空 (火星) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ