« 旋盤勉強中 (チャックの修正をしてみた) | トップページ | 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」)とおまけ »

2018年6月 3日 (日)

番外編 (工作で使っているバキュームブロワガンが壊れた)

日大の問題はなかなか決着とはなりませんね。

ズルズル長引かせるのは日大にとってものすごいマイナスイメージじゃないんですかね?

あのマンモス校もひょんなことで崩壊するのかな?

余計なお世話ですが、日大の危機管理学部は最も焦っていることでしょうね。

下手すりゃ求人なんか来ませんよね。

何だかお気の毒・・・。




さて、自分の趣味には不都合な天気が続きます。

まぁ、今は超ミニ旋盤がありますので退屈はしませんけどね。

青空工作室を開いている時に使用している掃除道具「バキュームブロワガン」が壊れてしまいました。

エアツールなんですが、その名の通りブロワーとしても使えるし、内部のパーツの前後を入れ替えると掃除機としても使える便利ツールです。

自分は切り粉をこれで掃除しているのです。

この製品には集塵用に袋が付いているのですが、それを掃除機の紙パックに替えて使用していまして、その紙パックがそのまま切り粉の収納袋も兼ねています。

ところがそのガンを使用するときに使う引き金というかボタンが壊れちゃったのです。

買えばいいことなんですが、パーツは売っていないので全てを買い直すことになります。

確か2,480円ぐらいで買ったと思うのですが、今ネットで探してみると4,000円ぐらいします。

うーん、意外と高いぞ・・・。

ということで、折角、旋盤も使えるようになったんだから、その壊れたパーツを作っちゃえばいいじゃん!ということなのですよ(^^;)

モノはこんなのです。
Vacuumgun

壊れちゃったのはパーツの中身です。
Dscn6844

右上の真鍮?製の左先がネジになっていてこんな感じで中に納まっていたのですが・・・。
Dscn6845

そのネジ部分がポキッと折れちゃったんです。

当然、ネジはボタンのネジ穴を埋めたまま取り除けない状態となりました。

そんなネジを取り除くエキストラクターというモノも持っているのですが、実は、これが結構難しいんです。

対象が小さすぎるといった方が良いのかも知れません。

つまり、エキストラクターは使えなかったのです。

そこで、旋盤を駆使して残ったネジを上手いこと削っちゃいましたよ。
Dscn6846



さて、どうしましょうか?

改めて、このパーツを一から削り出すのか、それとも、短くなった棒の先端にネジを切って、つぎ足すパーツだけ作るか・・・。

いずれにしても、整理の意味で図面を書いてみました。
New_parts

でも、細すぎるんだよなぁ・・・3mmしかありません。

現状ではセンター穴もあけられないので(注文したセンタードリルが届けばいいのですが)、たぶんそのまま作っても撓んでしまってガッタガタになっちゃうんだろうなー・・・。

とりあえず、図面右上の短いアダプターぐらいなら作れそうかな?

っていうか、それなら旋盤を使わずとも、太めのネジを買ってきて雌ネジと雄ネジを切ればいいのか・・・。

どうせなら旋盤を使うための候補としておこうかな・・・。

« 旋盤勉強中 (チャックの修正をしてみた) | トップページ | 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」)とおまけ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (工作で使っているバキュームブロワガンが壊れた):

« 旋盤勉強中 (チャックの修正をしてみた) | トップページ | 今日の港 (地球深部探査船「ちきゅう」)とおまけ »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ