« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」でΦ20mmのジュラルミンを削ってみた) | トップページ | 番外編 (子猫を紹介されました) »

2018年5月22日 (火)

今日の星空 (月面「X」、「L」、「V」)

とうとう「光進丸」は跡形もなくなっちゃいました。

最後の場面を撮れなかったことが悔やまれますね。

これまで何日かに分けて撮影はしましたので、また、いつかネタに困ったときに登場するかもしれません。




さて、今日は月面「X」という現象が見られる日でした。

観測&写真撮影に良い時間は16:30ごろらしいのですが、自分は19時過ぎに撮影しました。

月面「X」以外にも「L」や「V」、さらには「A」などもあるようです。

探せばまだまだ光りの加減で文字に見えるような凹凸があるのかも知れませんね。


こちらが撮影した写真です。
Runa

ニコンのフィールドスコープ「EDⅢ」にいつものNEX-5Nを接続して固定撮影しています。

50枚撮って半分の25枚を「REGISTAX6.0」で処理しましたよ。

もうちょっと枚数を稼ぎたかったところですが、強風でブレブレだったし、固定撮影なので50枚以上は実質無理かな。

スカイメモSを出しても良かったかな?


月面の「X」「L」「V」が分かりますか?

月面「X」。
Runa_x

こちらはデジタルズームで5倍に設定し撮影したJPEG撮って出しの1枚モノです。
_dsc3492

拡大すると「X」とはちょっと違うような気がしますね。



月面「L」。
Runa_l

「L」のすぐ上にも「V」っぽいのが見えます。

月面「V」。
Runa_v

アルファベットじゃなくて漢字とかの方が日本人ぽくていいですよね。

誰か探してみてください(^^;)

« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」でΦ20mmのジュラルミンを削ってみた) | トップページ | 番外編 (子猫を紹介されました) »

Skymemo-S(スカイメモS)での作例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の星空 (月面「X」、「L」、「V」):

« 番外編 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」でΦ20mmのジュラルミンを削ってみた) | トップページ | 番外編 (子猫を紹介されました) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ