« 旋盤勉強中 (バイトを研いでみた その3) | トップページ | 番外編 (やっぱりよく分からないREGISTAX6のパラメーター) »

2018年5月27日 (日)

旋盤勉強中 (バイトを研いでみた その4)

アリババで発注していた超ミニ旋盤の残りのパーツ。

日本に届きました。

通関を経て配送となりますので、もうしばらくで届きますね。

来週末には作業が出来るでしょうか?

楽しみに待っています♪


さて、昨日の続きで残りのバイトの研ぎ出しを完了しました。

元は9本セットのこんなヤツ。
Set

今は少し値が上がっちゃったけど買った時は1,800円でしたので、1本あたり200円の商品です。

昨日は8本同時に作業を進めていまして・・・あれ?8本?数が合わないじゃん。

あぁ、①のバイトが工具箱の底に横たわっていました。

それも、研ぎは完了しているので一応バイトセットが使えるようになりましたよ。


金ノコ刃の突っ切りバイトと合わせて10本のバリエーションが出来ました。
Dscn6831

今日仕上げたのは右側の4本。

一番上の物と数字を合わせてあります。

今日仕上げたものだけ別撮り。
Dscn6832

⑤だけちょっと形を変えました。

こちらはそのアップ。
Dscn6833

角を2ヵ所作り、外丸削りと端面削りをバイトを入れ替えずに出来るようにしてみました。

YouTubeの師匠、黒苺さんが黒苺スペシャルなるものを紹介されています。

それを参考に、自分の環境で使うならこんなのがいいかもしれないと作ってみましたが、思ったようには研げませんでした。

何とか刃が付いたようなので、テストは残りのパーツが届いてからやってみようと思いますよ。

①のバイトは自分の旋盤には不向きな形状なので、実際の作業を進めてみてノウハウが多少溜まったら欲しい形状に作り替えるつもりでいます。

早くパーツが届かないかなぁ・・・。

« 旋盤勉強中 (バイトを研いでみた その3) | トップページ | 番外編 (やっぱりよく分からないREGISTAX6のパラメーター) »

旋盤勉強中」カテゴリの記事

超ミニ旋盤のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旋盤勉強中 (バイトを研いでみた その4):

« 旋盤勉強中 (バイトを研いでみた その3) | トップページ | 番外編 (やっぱりよく分からないREGISTAX6のパラメーター) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ