« 番外編 (超ミニ旋盤収納棚を考えてみた その2) | トップページ | 番外編 (3次元CAD「DesignSpark Mechanical 2.0」なかなかいいです) »

2018年3月 4日 (日)

工作室 (超ミニ旋盤収納棚&テーブル)

今日は静岡マラソンの交通規制の為、あちこち出歩くのには不便な日なので工作に励みました。

影響が出る前にホームセンターに行って木材と木ネジを買ってきましたよ。

1X4の1,820mm板は予め図面で寸法を入れておき、ホームセンターの機械担当の方に渡してサイズ通りの長さにカットしてもらいました。

因みに、材料費は・・・。

Price_list_2

でした。

木曜日なら10カットまで無料だそうです。


テーブルの枠はこうなる予定でした。
Photo

こちらは3D_PDFのデータです。
「mini_lathe_table_parts.pdf」をダウンロード

良かったらグルグル回してみてください。

現実は・・・。
Dscn6664_2

木工工作素人が半日で作った割にはまぁいいんじゃないでしょうか?

上の写真ではテーブルがスチールラックの天板にピッタリはまっています。

テーブルは外すことが出来てどこでも作業が出来ます。
Dscn6665_2

4.5mmの鉄板は撓みもなく良い感じです。

ダイヤルゲージなどの測定機器を固定するマグネットスタンドは、磁石の力でカチッと固定されて微動だにしません。

ただ、まだ旋盤自体を固定できていないので、前準備の工作は続きます(^^;)

スプラッシュガードやチャックガードなども作らないと、とてもじゃないけど部屋の中で弄り回すことはできませんね。


ホントは2X4材を使って、枠の上面にドライバーや六角レンチなどを刺せる穴を開けておこうとか考えていたのですが、1X4材に変更となったため、枠の側面にそういったモノを取り付けられるようにしようかな?

まぁ、その辺りの事は使っていくうちに追い追いやるってことで、まずは旋盤そのものを固定して早く使えるようにしたいです。

« 番外編 (超ミニ旋盤収納棚を考えてみた その2) | トップページ | 番外編 (3次元CAD「DesignSpark Mechanical 2.0」なかなかいいです) »

超ミニ旋盤のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工作室 (超ミニ旋盤収納棚&テーブル):

« 番外編 (超ミニ旋盤収納棚を考えてみた その2) | トップページ | 番外編 (3次元CAD「DesignSpark Mechanical 2.0」なかなかいいです) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ