« 工作室 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用汎用刃物台) | トップページ | 今日の野鳥 (シロエリオオハム?) »

2018年3月25日 (日)

物欲 (Guitar Effects Pedal「ZOOM G1ON」)

今日はいい天気でしたので昨日の続きで切削バイトの研ぎにチャレンジしました。

両頭グラインダーはリサイクル店で購入した状態そのままで買い足したものはありません。

教本によると砥石は種類の違う砥石2枚が必要なのですが、買ったままでは同じ種類の粒度が違う砥石しかありません。

何とかなるだろうと思ったのですが・・・アハハ!ダメでした。

シャンクなどの柔らかい金属部はサクサク研磨できるのですが、刃の部分はどうにもなりませんでした。

まさに!歯が立たず!!

なので諦めてモノタロウでポチッとしましたよ。

来週末、天気がよかったらまたチャレンジします。



朝、海岸の猫達の世話から帰ってくると注文してあった標題のマルチエフェクターが届きました。

早速、物撮り。
Dscn6699

ピック2枚はオマケです。

中身は。
Dscn6701

こんなのです。

液晶画面とカーソルキーにフットスイッチ2個という構成。

樹脂製です。

ヘッドフォンを繋いでテストしようとしましたが・・・ヘッドフォンなんてしばらく使ったことが無く、ようやく探し当てたらミニジャックをヘッドフォン端子に変換するアダプターが見つかりませんでした(^^;)

じゃぁアンプに繋ごうとしたら・・・ボリュームにガリが発生していてとんでもない音が発生しちゃいます(^^;)

う~ん、困った。

ヘッドフォンも古いけどアンプなんてさらに古い。

40年物ですよ。

そりゃぁガリも出ます。

それは追い追い直すとして、雑音を我慢しながらいい塩梅を探ってテストは完了できました。

とりあえずすべてのエフェクトが機能しましたのでホッとしましたよ。

エフェクターが無い状態ではハッキリしなかったジャンクギターの各ピックアップの音色の違いも確認できました。


さて、後はヘッドフォンの変換アダプターを探さなきゃ。

あちこち探った後に机の引き出し等をごそごそしていたら出てきました。


すぐに繋いでテストしてみました。

アンプではボリュームをあげられなかったけど、ヘッドフォンでは堪能できましたよ。

ギター熱が復活するかも?

« 工作室 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用汎用刃物台) | トップページ | 今日の野鳥 (シロエリオオハム?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 (Guitar Effects Pedal「ZOOM G1ON」):

« 工作室 (超ミニ旋盤「TZ20002MR」用汎用刃物台) | トップページ | 今日の野鳥 (シロエリオオハム?) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ