« 超ミニ旋盤勉強中 (ワークの心出し その2) | トップページ | 今日の野鳥 (ハシビロガモ♂) »

2018年2月20日 (火)

物欲 (両頭グラインダー リョービ「TG-150」)

また電動工具が増えました(^^;)

今度は両頭グラインダーです。

もちろん中古。

ヤフオクでは負け続けてなかなか手に入れることが出来なかったのですが、リサイクルショップでアッサリゲットできました。

アッサリとなんて言いましたが、実は一度失敗しています。

今月初めにそこそこ良さそうなリサイクル品があったのですが2流メーカーの物で5,000円でした。

5,000円だとネットでそのメーカーの後継機が新品で買えちゃうんですよね。

仕様が少し違うので単純な比較はできないのですが、それで冷静に考えてみようと保留していたら・・・翌日買う気になって行ってみると既に売れていました。

あぁ~中古は一期一会。


それでヤフオクで探していたのですが、皆さん予算が潤沢なようで送料込みで5,000円をバンバン超えてくるんですよ。

そんな中、たまたま寄った隣り街のリサイクルショップにメーカー品の両頭グラインダーが置いてありました。

それがこのグラインダーです。
Dscn6658

もう型落ちですが、これ、見た目にほぼ使われていません。

グラインダーの上部にスパークブレーカという火花等が飛んでくるのを防ぐパーツがあるのですが、これすら付いておらず自分が付けました。

砥石の表面は使用痕跡が全くなく、錆や傷みも全くないのです。

テストでスイッチを入れてみると・・・なんとスムーズで静かな事か!

モーターから嫌な臭いもしないし・・・。

即購入しました。

いい買い物だったと勝手に思っていますよ。

ところで、何故こんなものが必要なのかといいますと、旋盤で使うバイト(切削用の刃物)を研ぐのに有ったら大変便利らしいのです。

旋盤のバイトって、製品を買ったら自分で研いでから使うのが当たり前らしいのです。

もちろん工作の精度を上げるためにも切れ味を確保しなきゃいけないので、旋盤使いには必須の小道具らしいのです。

これが使いこなせれば、自分の好みにバイトを作っていろいろな加工方法を工夫できるとも書いてありました。

他にも使い道があるので前からあったらいいなと思っていた道具でもあります。

値段ですが、4,500円でした。

自分的には納得の値段です。

早速、使ってみたいなぁ(^^;)

« 超ミニ旋盤勉強中 (ワークの心出し その2) | トップページ | 今日の野鳥 (ハシビロガモ♂) »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 (両頭グラインダー リョービ「TG-150」):

« 超ミニ旋盤勉強中 (ワークの心出し その2) | トップページ | 今日の野鳥 (ハシビロガモ♂) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ