« 今日の星空 (ぎょしゃ座の一部をソフトフィルターで) | トップページ | 今日の星空 (バラ星雲(NGC2237)) »

2018年1月16日 (火)

番外編 (回転ステージを分解してみた)

ちょっと問い合わせを受けまして、昼の時間に回転ステージをサクッと分解してみました。

スカイメモSの微動雲台として利用しているのですが、重い機材を載せた場合、スカイメモSのバランスが崩れて赤経軸に過負荷が掛かってしまう結果、天体の導入作業に細心の注意を払わないと回転ステージがスリップして極軸がズレてしまうようです。

自分はBLANCA-70EDを載せた時に、初めて気が付きました。

スリップした分、微動装置で元に戻せば問題はないのですが、極軸設定を終えたら回転ステージをロックできるのならそれに越したことはありません。

そこで、回転ステージを分解してどこかに処置が施せないだろうかと考える材料として写真を撮っておこうと考えました。


まず、回転ステージの全景。
_dsc1829

マイクロメーターの中央付近にあるのは、ちょっとしたストッパー(マイクロメーターの力を伝えるためのモノ)です。

その反対側。
_dsc1830org

このストッパーは・・・。
_dsc1828

ステージの中心軸にあたりマイクロメーターの力を伝えることがメインで、大きな力がかかると簡単にスリップします。

事実、ステージの中心軸側面にスリップして傷がついていますね(^^;)

これが、中心付近でなく、目盛の付いている円周付近でブレーキがかかるようになれば、もっと大きい力でも受け止めてくれると思うのです。

そこで、回転ステージを改めて見回すと・・・。
_dsc1832

空いているメスネジにこんな感じでローレットネジとかで適度に締め込めばいいんじゃないかと思いましたが・・・。

実際にはゴニオステージが載るのでここは使えません。
_dsc1833

新たにステージにタップを立ててネジを切っておけばストッパーとして使えるかもしれません。

それか、こんな感じで・・・。
_dsc1830

ステージ下部に固定できるアダプターを作って、上部ステージについているつまみをローレットネジに替えてアダプターを挟んで絞め込めばもっといいかもしれません。

ただ、ステージ下部にはマイクロメーターが付いているので、そのアダプターの形状には工夫が必要です。

となると、やはり簡単なのはステージ上の邪魔にならないところにタップを立てて、新たなネジ穴を作るのが一番簡単でしょうか?

出来たらゴニオステージを挟んで左右2か所にネジを切るのがいいかもしれません。

スペースは狭いですけどね。

さて、どうしたものか・・・。

こんなこと考えていると楽しいね


※追記
この微動雲台代用品の上から見た図面をSVG形式で貼っておきます。
タップをステージ面に開ける際の位置関係確認図として使えるようでしたらご利用ください。
(回転ステージとゴニオステージの組合せを真上から見た時の位置関係です)
データはこちら

元データのCAD図面はメーカーさんからダウンロードできますのでCADデータが欲しい方はメーカーさんからお願いします。

« 今日の星空 (ぎょしゃ座の一部をソフトフィルターで) | トップページ | 今日の星空 (バラ星雲(NGC2237)) »

機材」カテゴリの記事

コメント

カメラde遊ingさま

問い合わせをさせていただいたくしてつです。

さすが!ここまで分解されたのですね。
バラすのも元に戻せなくなるのも得意?な私は、こわくてここまでは踏み出せずにおりました。

遊ingさんの探求スピリット、楽しむこころを見習いたいと思います。

写真、是非参考にさせていただきます。

分解&組み立ては難しくないですよ。
ちゃんとネジ山に合ったサイズのドライバーを使って裏面の+ネジ4本を外すだけです。

どうやって固定の仕組みを作りましょうか?
円筒形のアダプターを作るのは手間がかかりすぎるので、ステージ下部の側面に金属板をネジ止めしてあげるのが楽そうですが、側面にネジ穴開けるのも気が引けます。

やはりステージ上面にメスネジを開けるのが簡単で安上がりかと思いますが、どのくらいの固定力が出るのか・・・ですよね。

〉どのくらいの固定力が出るのか・・・ですよね。
まさしくここですね。事前の検証も難しいですし。

工作素人の一案で形になっていませんが、回転ステージの下に部分張り出しのあるプレートアダプターを入れ、そこからタテ2本の金属棒を出して、ネジを介してステージ上部の送りツマミを挟み固定する、というのはどうでしょう?
遊ingさんの水平器記事を見ていての思い付きですが。
でも、位置決めやステージ上部の移動量をあらかじめ見込んでの設計、締め込む仕組みの作り込み等が必要か・・・。

もしくは、気の引けるステージ側面金属板案で、この仕組みを作る?

うーん・・、とりあえず週末にホムセン眺めて来ます!


いろいろ考えてはいるのですが、ステージ側面で処置をするのがストッパーとしての役割からは一番いいと思うのです。
中心から遠いほどストッパーとしての効果が上がりますから。
ただ誰もが簡単に(そんなにステージを微動雲台に使う方もいないと思いますが)となると、ステージ上面にM3かM4ぐらいで新規にネジを切るのが良さそうです。

今日も昼に分解して、ステージの一番外側にあるM4穴にローレットネジ1本入れて絞め込んでみて、ブレーキ力を試してみました。
かなり力を入れてもスリップしなかったので、それでイケそうな気がします。
実際に機材を載せてステージの中心軸から遠い位置で力を掛けたら、簡単にスリップしてしまうのかも知れませんが・・・。

ゴニオステージに取られるスペースの関係からはM3のネジ穴にしたいのですが、M3のタップは少しでもラフに扱うと折れやすいのでそれがジレンマ。
M3のローレットネジの頭が8mm、M4だと10mm。
ゴニオステージの端面から回転ステージの円周端までのスペースがMAX10mm弱で、ネジ穴が切れるスペースは7mmほどのスペースしかありません。
ゴニオステージの移動方向は使えないし、そのゴニオのストッパーがある面も使えないので回転ステージに実際にネジが切れそうなスペースは1カ所のみ。
とりあえず、その1カ所にネジ穴を切って実践してみようと考えています。
M3にするかM4にするかはもう少し悩んでみようと思います(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (回転ステージを分解してみた):

« 今日の星空 (ぎょしゃ座の一部をソフトフィルターで) | トップページ | 今日の星空 (バラ星雲(NGC2237)) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ