« 今日の星空 (IC1805&IC1848 その2) | トップページ | 番外編 (BLANCA-70EDをSkymemo-Sに載せて撮影してみる) »

2017年12月10日 (日)

物欲 (笠井トレーディング BLANCA-70ED)

欲しいなとは思ったけどまさか落札できるとは思っていなかった望遠鏡です。
_dsc1182

けむけむさんの(BLANCA-70EDT)とは格が一段劣りますが、超コンパクトなのは同じ。

でも、こちらの方がちょっと重いのです。

この状態で長さが29cm。

フードは伸縮式で伸ばすとこうなります。
_dsc1184

この鏡筒は接眼部が強化バージョンで、DXマイクロフォーカス接眼部が採用されています。
_dsc1185

この合焦機構ですが、自分は初体験となります。

衝撃でした!

すんごいスムーズ。

今までどこかが擦れ合っている感覚の合焦機構しか使ったことが無いので、こんなんで大丈夫なのかと不安になるくらいにスムーズです。

ヌルヌル動きます。

360度回転機構もついているのでクルクル回してみましたが、こちらも快適に回ります。


更に堅牢なV-Power接眼部(L)というタイプもありますが、自分が使う天体写真用カメラはNEX-5Nなので、標準タイプでも問題ないと思っていましたが・・・。(後述します)

先ずは各部をチェック。

対物レンズ。
_dsc1187

ゴミが付いていますね。

接眼側から。
_dsc1191

やはりゴミが写り込んでいますね。

そのうちにクリーニングをしますよ。



さて、使う前にファインダーを合わせておきます。
_dsc1193

以前はボーグのBU-1に付けて使っていた9×50のファインダーですが、今ではすっかり使い道が無くなっていました。

なるべく視野中心にファインダーを合わせたいので十字線入アイピースをセットしました。


ところが・・・。
_dsc1195

目一杯に繰り出しても全く合焦しません。



でも、大丈夫、この接眼部はM57のネジが切ってありますので、ボーグのパーツが使えます。

M57延長筒のMとSに回転装置を繋いだら合焦しました。
_dsc1199

無事にファインダーの調整を終えてとっかえひっかえ40mmから3.2mmまでアイピースを試してみた後、次は、双眼装置を試してみます。

双眼装置は延長筒は必要ありません。
_dsc1201

すごく良く見えましたよ。

これで月や惑星などを見てみたいものです。

ん?惑星は双眼装置では無理かもしれないかな?

双眼用には12mmのアイピースしか持っていないので、エクステンダーを使っても小っちゃくしか見えないかな?

暗くもなっちゃうだろうし。

天体を導入するのにカメラ三脚では荷が重いので、昔、ジャンクで買ったビクセンのNP赤道儀でも引っ張り出そうかな?

目盛環で導入が出来ますしね。



さて、一番気になるカメラとの接続は・・・。_dsc1207

無限遠を出すだけならこのぐらいの延長でOKでした。

近くも撮影したいとなるとアイピースをセットした時以上に延長筒がいるのかな?

後日、鳥でも撮ってみますか。

因みに、上の写真はレデューサ0.85xDGを入れていますので、テレコンとか直焦点だともっと長くする必要がありますね、多分。

レデューサ0.85xDGを使用した時の四隅はそれほど違和感がありませんでしたが、こればかりは、星を撮ってみなきゃなんとも言えませんので、また、後日。


この状態で、接眼部をほぼ目一杯に伸ばしていますので延長筒をもっと足して繰り出し量は減らした方が剛性的にはいいのかも知れません。
_dsc1208

NEX-5Nぐらいじゃ問題にはなりそうもありませんけど、一眼レフだとどうなのかな?

こんな感じなので、標準の接眼部よりは、よりしっかりとした接眼部を選んだ方が無難だと思います。




一つだけ頂けないのは対物レンズのネジ込みキャップ。

ネジ切りが下手なのか、遊びが多すぎて嵌め辛く外し辛いというお粗末な造りでした。

他がいいだけに、その一点が際立ってしまいますね。

これで遊び倒してやるぞー!!

« 今日の星空 (IC1805&IC1848 その2) | トップページ | 番外編 (BLANCA-70EDをSkymemo-Sに載せて撮影してみる) »

機材」カテゴリの記事

コメント

おややや
こりゃまた (^o^;

直焦点時は、結構長い延長筒を使わないと合焦しない点は同じですね(延長筒は付属してました)。
赤道儀でガイドするには、1点支持は弱かったようで、鏡筒バンドで補強したら安定しました。

延長筒が付属しているのは親切ですね。
HPでは明記されていないので新品購入時は2度手間になる可能性がありますね。
笠井側からアドバイスがあるのかも知れませんが。
直焦点アダプターの方には延長筒が必要と書いてありますので、ブランカのページにリンクでも貼っておけばいいのにと思いましたよ。

2点支持化はいずれ必要になるかもしれませんね。
その時にはパーツを自作しようと思っていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲 (笠井トレーディング BLANCA-70ED):

« 今日の星空 (IC1805&IC1848 その2) | トップページ | 番外編 (BLANCA-70EDをSkymemo-Sに載せて撮影してみる) »

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ