« 番外編 (RStacker使えるようになりました!) | トップページ | 今日の星空 (NGC7000) »

2017年11月14日 (火)

番外編 (R60フィルターの活用の記事を掘り返す)

引っ越し前のブログの最後となった「R60フィルターの活用」。

RStackerが使えるようになったことでDSSではなく、RStackerでRGB画像(4枚)とL画像(4枚)の各画像をダーク減算&フラット補正し、Photoshopでその後のコンポジット~LRGB合成を行ってみました。

すると・・・ここで限界だったこの画像。
Ic1805test_iso3200_90sx4

その画像が同じ素材でここまで頑張れました。
Ic1805_iso3200_90sx4_retry

やれば出来るじゃん、自分。

まだまだ、いろんな補正が出来ていませんが、正直驚きました。

う~ん、ようやくカメラを改造した苦労が(作業自体はそんなに苦労しなかったけどね)報われたような気がします。

DSSが悪いんじゃなくて、ここのところコツコツ勉強した画像処理法の成果なのかもしれませんが、一皮むけたかな?

でも、元画像がそれぞれ4枚だったからいいようなものの、もっと増えたらPhotoshopでの作業が煩雑になりますね。

RStackerのコンポジットって位置合わせはしてくれないんでしょ?

良く分からないんだけど、単純に重ねてくれるだけのように思うので、そこはDSSでやってみたらどうなんだろうか?

画像が劣化するのかな?

まぁ、今は天気も悪いので十分テストする時間はありそうですけど・・・。

« 番外編 (RStacker使えるようになりました!) | トップページ | 今日の星空 (NGC7000) »

天体写真」カテゴリの記事

天体写真用ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

DSSは難しいので(モノクロになっちゃう)、挫折...
4枚くらいの時は、Yimgで処理してましたが、枚数多いと、ステライメージが楽です。
結構な価格なので躊躇しますが...

そうなんですよ、高いんですよね。
体験版を使って勉強させてもらいましたが、自動処理は炙り出しには不向きで、やはりマニュアルで進めていく方がベストでした。
ただ、DSSからいきなりあのソフトでは意味不明なことが多すぎますね、難しいです。
宝の持ち腐れ感がハンパ無い感じです。
フルマニュアルでPhotoshop等の処理をして理解できてから買った方がいいと、自分は判断しました。
なんて、貧乏人の戯言です、買っちゃえばなんだかんだで使いこなすようになると思いますが、自分の機材ではそこまでの投資に見合わないと思うのです、結局高すぎるんだな・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2543809/72217508

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 (R60フィルターの活用の記事を掘り返す):

« 番外編 (RStacker使えるようになりました!) | トップページ | 今日の星空 (NGC7000) »

フォト

雨量・雲量

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ