2019年3月24日 (日)

番外編 (3D CADお勧めします 面白いですよ(^^;))

ある天文関連中古ショップさんで回転ステージが出品されています。

とってもそそるんですが二つ目を買う必要があるのか?自問自答していますよ。

回転ステージとなっていますが、写真を見る限りゴニオステージも組み合わされていますので、ポタ赤の微動雲台に即使える組み合わせです。

ちょっと気になるのがゴニオステージは耐荷重が6kgのモノのように見えるのですが、回転ステージの方は3kgのモノみたいなんですよね。

普通にカメラを載せるのなら、まぁ問題が無いと思うんですけどポタ赤の微動雲台としてはどうかなぁ・・・。

だけど安いんですよね。

その二つを買おうとしたら定価で93,000円するんですよ。

それが1万円ぐらいですから・・・。

予備に持っていてもいいかなぁ?

売れる気配が無いので、もう少し考えてみようと思いますよ。




さて、ブログネタに困り果てています。

そこで、最近使い始めた3D CADについて繋ぎのネタとしてみました。


自分は設計関連の仕事はしていませんし、CADなんて使ったことはありませんでした。

カメラを趣味にしてから小物を作るようになって、その延長でJW_CADを覚え始めました。

難しい使い方とか便利な応用技とかは当然ながら出来ませんが、基本的な使い方だけは2~3か月ぐらいで使いながら覚えました。

だけど、2Dだとモノを作るときにイメージが湧かないんです。

そこで、3D CADにも手を出しました。

3D CADにもフリーウェアがあると知ったからです。

早速、ダウンロードし使い始めたのが去年の2月です。

チュートリアルを見ながら、作りたかったビノホルダーを2日ぐらいかけて書いてみたんですが、すごく簡単なんです。

2Dのキャドよりとっても簡単!

少し慣れると、自分が作るような簡単な工作物は30分もあれば描けちゃいます。

なので、工作に興味がある人にはぜひ使ってもらいたいなぁと。


最近ネタにしたジンバル雲台の作図を通して簡単に紹介しようと思いますよ。


まず、ジンバル雲台の基台を描きます。

こんなのです。
Dscn7143

一番底面の直径と厚みを計っておきます。

では底面を描きます。
1_1

円を描きますので”円”を選択します。

すると、スケッチ面と呼ばれるグリッドが表示されます。

中心をクリックすると円が描かれサイズを調整できるようになります。
2_1
このソフトではスペースキーを押すとテンキーでサイズが入力できるようになります。

サイズを指定します。
3_1

ここからが面白いところです。

円が描けたらそれを持ち上げて厚みを作ります。

”プル”を選んで円にマウスカーソルを持っていくと・・・。
4

こんな感じになって、マウスでドラッグして上に引っ張ると・・・。
5

簡単に円柱が出来ました。

厚みを入力して次の円柱を作ります。
6

再び”円”を選びどこに円を描くのかマウスを動かして描く面をクリックします。
7

太目のグリッドが交差しているところが図形の中心です。

そこに回転軸となる円柱を描きます。
8


プルを選んで小さい円をドラッグ、上に引っ張ります。
9

高さを入力し2つ目の円柱は完成。

次に溝を描きます。

最後に書いた円柱の面に次の円柱を作ります。
10

この繰り返しで基台を形を完成させます。
11


今までは厚みを作ってきましたが、今度は穴を開けます。

やり方は今までと同じ。

上に引っ張って厚みを作ったのとは逆に、円の中へ穴を埋め込むような操作をします。

ボルトを入れる穴を描きます。
12

下に引っ張っていきます。

貫通穴であれば、この時深さを入力する必要はありません。

基台以上の深さにマウスで引っ張っちゃえば貫通穴が開きます。
13

ひっくり返してみると・・・。
14

開いたでしょ?

今度は逆の面に三脚用のネジ穴を描きます。

今度は深さを入力しますよ。

すると、その前に作った小さい穴の円(実体はない)だけが残りました。

その円を選択して面の削除をします。

15

これで基台が出来ました。

確認の為に透視図にしてみます。
16


どうです?

簡単でしょ?

複雑な図形でなければ、初めての方でもすぐに作れるようになりますよ。


ジンバル雲台のアーム部なんかも凄く簡単に書けます。

アームの中心となる線をスプラインと言うパスを描くようなツールで描き、その後形の修正をしてこんな図を作ります。
28

ちょっと余分な円を描いちゃいましたがその円は関係ないです。(消し忘れた)

そして、その曲線を選んで”挿入”メニューのシリンダーってのを選んで直径を入力すると・・・。
32

ほらカンタン!

ただこの状態では、円柱との接合面は隙間が空いています。
33

その隙間の面を元の円柱側へプルすれば隙間は無くなっちゃうのです。
34

このプルって操作は奥が深いです。

面取りでも使います。

この円柱の上部を面取りするには・・・。
17

円の角を指定してプルすればいいのです。
18

後は面取りのコーナー半径を入力すればでき上がり。
19

チョー簡単でしょ?

過去に二次元CADで挫折した方や、CADなんて使えるわけがない、なんて思っている方。

3次元CADから始めてみませんか?

思うように使えるようになったら、3Dプリンターなんかが欲しくなっちゃったりして(^^;)

自分はもう欲しくなっちゃってます!!!

2019年3月21日 (木)

番外編 (ココログ新エディタでのコピペについて ついでに、壊れたジンバル雲台の修理について考える 修正編3)

ココログ、マイページから参加カテゴリの新着状況が表示されなくなって不便ですね。

これって一時的なモノですか?

3/4のお知らせメールでは、「ココログtopのカテゴリー別新着記事の終了」であってマイページではないはずなんですが・・・。
※ブログ広場は終了しましたとのお知らせがありました。新サービスで似たような機能が追加されない限りココログ内でのカテゴリでブログを流し読みするみたいなことは不可能みたいです。なんだか魅力ないですね。同じ趣味の方のブログを見るのって楽しいのに・・・。

そのトップ画面で新着をパラパラ見ていると、記事内容にコピペが出来ないといった内容が散見できます。
※ココログトップから新着すら無くなっちゃいました。日付の並びがおかしかったから消しちゃったのかな?なんだか随分お粗末な移行ですね。もうちょっと煮詰めてから移行できなかったのかな?

これについてはもう気付いておられるかもしれませんが出来ますよ。

新しい記事投稿画面は・・・。
・通常エディタ
・リッチテキスト
の2モードがあります。

通常エディタでは今まで通りコピペが出来ます。

リッチテキストではマウスのショートカットに別の機能が割り当てられているのでキーボードのショートカットを使います。

これはブラウザなどによって割り当てられる機能が違うかもしれませんが、基本的なコピペは出来るはずです。

確認するには通常エディタ上でマウスを右クリックして表示されるショートカットメニューを見ればわかります。

コピーは「Ctrl+C」、ペーストは「Ctrl+V」がWindowsでは割り当てられているはずです。

ブラウザによっては「プレーンテキストとして貼り付ける Ctrl+shift+V」が出来ますので、書式の影響のないテキストがペーストできます。

自分は「Google Chorome」を使っていますが、他のブラウザではどうなるのか分かりませんので、もしかしたら出来ない方もいるのかも・・・でもコピー&ペーストは基本的な機能のはずなので、たぶんどなたでも使えると思いますよ。





さて、これまでに壊れたジンバル雲台の修正案を考えてきましたが、パン軸のストッパーを再び考え直してみました。

ストッパーネジの前に小さな部品を入れそれを押す方式です。

全体像。
4_1

まず、基台に半月型のパーツを組みます。
2
それをアーム部に入れ、ストッパーネジ穴から小さなパーツを入れます。
3

これをΦ2.6mmネジで半月上のパーツに固定します。

ストッパーネジ穴からベッセルの精密ドライバーP.00-75などのドライバーを使えば固定できます。

これでフレーミングがズレずに上手く固定できると思うんだけどなぁ・・・。

さて、上手くいきますでしょうか(^^;)

2019年3月20日 (水)

番外編 (壊れたジンバル雲台の修理について考える 修正編2)

ココログがメンテナンス中のトラブルで長い事使用できませんでした。

まぁ、こちらもネタが無かったのでどうってことありませんでしたが、中には毎日更新をすることを日課としている方々が居て悲鳴に近いつぶやきをされていました。

当初は17時間のメンテナンス予定でしたが、結局2日使えなくなり、運営側もログインできないために知らせる手段もなくTwitterなどで呟いていたようですが、不手際感は拭えない状態でしたよ。


さて、メンテナンス時のトラブルが解消に向かっているようでリニューアル後のブログ管理画面が表示されましたが、すっかり変わってしまってちょっと戸惑っています。

投稿画面もガラリと変わりました。

なので、テストも兼ねた投稿ですよ。


ブログの更新が出来ない間、壊れたジンバル雲台の修正案を考えていました。

ジンバル雲台を図にすると・・・。
Gimbal1

っと、いきなり画像のアップロード方法が分かりません。

右から現れたウィンドウのサムネイルをクリックしたら挿入されたみたい。

こりゃ、慣れるまで悩みそうですよ・・・。


本題に戻ります。

このジンバル雲台にはベアリングも無く、上から入れるボルトで基台部分をアーム部に押し付けることでテンションを調整しています。


これではテンションの調整幅は全くなさそうです。

弱めのテンションにしようとネジの締め込みを弱めたら、即、ガタが出ます。

だから硬く締め付けてボルト自体も接着してあったんだと思います。

多くの方がスラストベアリングを利用されているようなので、自分もその方向で考えます。


それと、パン方向のストッパーですが、長ネジを基台部の溝に押し付けることで固定する方法なので、ネジの回転により若干フレーミングがズレてしまいます。

溝の部分に次のようなパーツを作って、それをネジで押す方式にしようと考えました。
Gimbal2

長ネジの頭が収まる窪みが厚さの関係から深く取れないので、緩めるときは半回転ぐらいでいいかな?

ネジが窪みから外れてしまうと、このパーツが中で回っちゃう。

横から入るネジ頭に小さなネジで固定しないとダメかもね(そんなスペースは無いので無理ですが・・・)



まぁ、やってみるのが面白いんだから、修正の過程を楽しみますよ(^^;)

2019年3月17日 (日)

番外編 (壊れたジンバル雲台の修理について考える 修正編1)

花粉がきつくて外に出たくありません。

夜なら活動しても大丈夫そうですが、今は月明りが・・・。

そんな訳で部屋の中で出来る表題の件について取り掛かってみました。


壊れてしまったために現役を退いた激安のジンバル雲台を修理してみようというネタです。

壊れた個所は三脚への取り付け用の3/8ネジですが、それ以外にも、パン方向の可動部がおかしかったんです。

固定ネジを緩めてパンし始めると途中で引っ掛かって止まっちゃうのです。

その仕組みを構成しているのはこの溝。
Dscn7136

この溝にこちらの下から2枚目の写真中の長いネジがストッパーとなって機能していたわけです。

酷い加工ですね。

旋盤の跡は荒れているし、溝の幅は箇所によって違っているし、何より疑っているのは、その溝が真円ではなく楕円になっているんじゃないかと思っている訳です。

試しにおもちゃの旋盤でこのパーツの心出しをしっかりし、溝の部分を削ってみました。

溝以外の旋盤加工部はまぁまぁ真円になっていました。

まぁ、ここの部分は仕組みを考えるに、それ程精度が出ていなくても問題が無さそうでした。

問題は溝の加工精度。
Dscn7139

やはり!この溝はガタガタでした。

この写真で分かるように旋盤のバイトが当たる部分とそうでない部分があるのです。

想像した原因が確信に変わりましたのでそのまま加工しましたよ。
Dscn7142

溝の幅と深さを加工し直しました。

これを済ませた後に、ふと、「待てよ、そもそも回転の中心になる穴が本当に中心にあるのか?」との疑問が沸き起こりましたが、まぁそこは信用しましょう(^^;)
旋盤を回して中心のネジ穴を見たところ、ブレていないようでしたから問題なさそうです。


ダメだったら穴を加工し直し、固定のネジを太いネジに変更し、それ用のメスネジを切り直せば済むことです。

もし、その加工が必要になったら部屋の中では出来ないので、花粉が終息する5月以降に作業は持ち越しですね。


あと、3/8ネジを加工し直すのも部屋の中では出来ないので、まずはパン方向の固定&回転が改善したかどうかの確認までとなります。

それは、また今度、ネタ不足の時期につき引っ張りますよ(^^;)

2019年3月14日 (木)

今日の港 (LNG船「OCEANIC BREEZE」)

昨年8月に撮り逃したLNG船が久し振りに入港してきました。
_dsc3353

綺麗な船体です。
_dsc3677

富士山も比較的スッキリと見えて花を添えてくれましたよ。

せっかくの雪化粧が大分剥がれてきてしまっているのが残念ですが。

岸で見ている自分に一番近づいた時点ではテレ端50mmでギリギリ。
_dsc3678

斜め後ろから。
_dsc3682

先日、駿河湾沖で試運転していた大型原油タンカー(VLCC)「ASIAN PROGRESS VI」はこの船よりもはるかに大きいのです。

近くで見てみたかったなぁ・・・。

2019年3月13日 (水)

番外編 (壊れたジンバル雲台の修理について考える)

静岡では激震が走っていますよ。

夕方の情報番組ではNHKを除いて全てのチャンネルがピエール瀧容疑者の話題でした。

静岡出身で今一番の有名人で市のイベント諸々に関わっていたりと影響は計り知れないものがあります。

自分も明るい人柄が好きでラジオ番組とかチェックしていましたからビックリしました。

彼らの音楽に関することは全く興味が無いので知りませんけど、芸能人という立場は裏の世界にも近い存在なんだなと改めて思いました。




さて、そんなつぶやきをしたくて無理やりネタにした感が強い今回のネタですが、やっす~いジンバル雲台についてです。

既に代替品である「AZ-Palm」という経緯台を購入し使っておりますが、カメラ用の雲台として使う際に1点だけ使いにくい点があるのです。

それはキッチリ固定が出来ない事。

「改造しちゃえばいいじゃん」との思いもありますが、貧乏性なものでその前にジンバル雲台の修理について考えてみようと思ったのです。

そのジンバル。
Dscn7129

既にパーツ取りされて抜け殻です。

取ったパーツはこっちで使っています。
Dscn6971

何が壊れたかと言うと・・・。
Dscn7134

三脚との接続をする3/8ネジが削れちゃってガタが出るようになったんですよ。

アルミも柔らかめの合金製のようで、購入から5年目でダメになりました。

さて、その部分のバラし方ですが・・・。
Dscn7130_2

銘板の部分が蓋っぽく見えたのですが全然関係なく、ただ傷を増やしただけでしたよ(^^;)
Dscn7132

カニ目レンチを使うために、ドリルで少し掘ってみたんですけどね。


バラした写真。
Dscn7131
(テンションを調整している小さなネジも強力に接着されていました)

結局のところ、蓋は接着されていました。
Dscn7133

ドライバーでこじって外しました。

3/8ネジは大き目のドリルで削ってしまって、新たにM12ぐらいでネジを切るつもりです。

そこに硬めの金属でM12-3/8変換ネジを作って埋め込めば、元通り使える目論見です。

元々、パン方向のストッパーが当たる部分の溝の出来が悪いみたいで引っ掛かるような感じでしたので、おもちゃの旋盤で溝の補修もしようと考えています。

ネットで見つかるサイトではスラストベアリングを入れてパン方向の負荷にしている方もいますが、そこまでやるかどうかはまた次の課題かな?

それよりは固定方法を見直したいなぁ。

ただネジで締めて固定では、ネジを絞める際にフレームがズレちゃうんですよね。

ネジの回転が伝わらないような仕組みにしたいね。

2019年3月11日 (月)

今日の富士山 (強風に吹き飛ばされる雪)

今年も3.11となりました。

住んでいる地域でも津波避難訓練が実施されましたよ。

もう8年なのかまだ8年なのか、感じ方は人それぞれだと思いますが、せめて、戻りたいと思いながらもやむなく県外へ避難されている方たちが、出来る限り早く戻れるようになって欲しいと願うばかりです。


嵐のような風雨が去り、夕方には快晴の天気となりました。

富士山がスッキリと見えていたので写真に収めました。
_dsc4956

富士山では強風が吹いていたようで、積もった雪が飛ばされていましたよ。


アニメーションGIFにもしてみました。
_dsc4977

一番上の写真は補正して明るくしてありますが、GIFの方はリサイズとほんの少しトーンカーブを弄ってあります。

こんなに雪が飛ばされちゃうと、見栄えがしなくなっちゃうなぁ。

2019年3月 9日 (土)

今日の星空 (岩本彗星 (C/2018 Y1))

寒さの峠は越したようで、厳しい寒さは無くなりましたね。

自分の住む地域はそもそも暖かい地域なので、この冬は氷すら見た記憶がありません。

なので、こんなこと言うと寒い地域の人には「何言ってんだ!」と言われそうですね。

あ、そうだ!3/7に雹が降ったんだっけ、忘れてた。

一応、氷でした(^^;)

昨晩も寒いことは寒かったけど一時の寒さではなかったので、21時過ぎから24時過ぎまで標記の彗星を撮影しながら星を見ていました。

久し振りの星空、何を撮ろうかなと考えたところ、「岩本彗星 (C/2018 Y1)」は時間的に自分には厳しい対象だったことと天気が良くなかったことで撮影していなかったことを思い出しました。

なので、狙いはこの彗星に絞りましたよ。

ただ、この方角は光害の影響を避け難いんですよね。

望遠レンズでも標準レンズでも上手く補正できませんでした(^^;)

でも、初めて捉えたこの彗星、アップしちゃいます(^^;)
C2018y1_iso32_60sx16_s1
(SONY NEX-5N(改) miniBORG50+レデューサ0.85xDG ISO3200 60secX16 LPS-D1 Skymemo-S)

タイミングを逃し、明るい時期に撮れ無かったのが残念です。

テスト撮影した画像を確認しても、モニター上ではどこに写っているのか分かりにくかったです。

もちろん双眼鏡では全く見えません。

自分は目盛環を使うので目印が無くても導入には困りませんが、そんなものが無くてもぎょしゃ座の恒星が目印になるので誰でも簡単に導入が出来ます。


ぎょしゃ座が入る画角でも撮影しました。
Gyosya_iso16_60sx8_21_sd1
(SONY NEX-5N(改) CANON FD 50mm 1:1.4 S.S.C ISO1600  F4.0 60secX8 LPS-D1 Skymemo-S)

こちらではどこに写っているのか分からないですね。

印を入れました。
Gyosya_iso16_60sx8_21_sd2

光害にヤラレて補正が難しかったですよ。

頑張っても取りきれませんでした、残念。

もうちょっと早く出掛けていればもう少しマシだったかもしれませんが、もうお腹いっぱいです(^^;)

2019年3月 8日 (金)

今日の星空 (月齢1.7の月)

久し振りに晴れの夜がやってきました。

しかも、都合よく、月はもう沈みましたよ!

GPVの予報ではほぼ快晴の雲無し。

何を撮ろうか楽しみですよー!

そんな沈みゆく月を撮りました。
_dsc3343

さて、これから行ってきまーす!!!

2019年3月 5日 (火)

今日の富士山 (やっと雪化粧)

昨日、「ココログからお知らせ」と言うメールが来ました。

「なんだ?ココログもサービス終了か?」って思ったら、「リニューアルのお知らせ」でした(^^;)

YAHOO!ブログの件があったので一瞬ピクッとしましたよ。




さて、趣味の方はネタがなかなか増えませんね。

梅雨入りしたのか?って思うような天気が続きます。

星も鳥も工作もな~んも出来ませんよ。

そんな中、今朝だけ富士山が顔を出しましたので、猫のお世話のついでに撮影しておきました。

ここのところズーッと見えませんでしたから、観光の方も「富士山は何処ですか?」と聞いては、ガッカリして帰っていく場面に何度か立ち会いました。

悪い天気が続いたおかげで、雪の無かった富士山がようやく雪化粧をしましたよ。
_dsc2783

前回、顔を見せたのは8日前の2月25日。
_dsc3331

薄っすらと雪化粧をしたので撮影しておきました。

その前はこんな感じでしたから・・・。
_dsc3329





それと、今回は135mmのレンズを2本用意して「なんちゃってLRGB合成」もしましたよ。

カラー画像(RGB)は一番上の写真で、こちらがL画像(赤外)。
_dsc4867

同じ画角のレンズでも、赤外フィルターを使うとそこそこ変わってしまうのと少しフレームもズレていたので、合成したら135mmよりも少し望遠になってしまっています。
_dsc2783_lrgb_2

今回はレンズ2本で同じ瞬間を切り取りましたので、雲の位置もバッチリです。

色合いはアレコレやっているうちになんだか分からなくなってしまって、途中で諦めました(^^;)

«今日の港 (大型原油タンカー(VLCC)「ASIAN PROGRESS VI」)

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ