2022年7月19日 (火)

随時更新作業

ココログ制限の為、1年間更新無しのブログは編集ロックされてしまいます。
時折、加筆するための権利維持の為の空記事です。

2022年1月 2日 (日)

容量が一杯になりましたので引っ越します

カメラで遊ぶことに主軸を置いて運営してきましたこのブログ。

ついに、容量が一杯となり引っ越すことになりました。


引っ越し先でも相変わらずの運営をいたしますが、どなた様も引き続きお付き合いくださるようお願いいたします。

引っ越し先:https://camera-de-youing3.blog.jp/

ブックマークやRSSリーダーなど引っ越し先の登録もお手数ですがよろしくお願いいたします。

なお、このブログはこのままここに置いていきます。

では、これにて「カメラde遊ingのブログ PART2」は終了です。

2021年12月30日 (木)

番外編 (カメラ用ストラップを新調した)

今日、新年の箸休め用に松前漬けを仕込みました。

去年も仕込んだんですが入院しちゃって(^^;)

退院した時には少し匂いが変だったので捨てちゃいました。

なのでリベンジという訳です。

去年どうしたか覚えていないのですが、今年のは数の子入り。

元々付いていた漬け込み液に数の子の漬け汁も足しましたのでどんな感じになるのか楽しみですよ。

そうそう、漬け込み液は水を50㏄足すようにとあったんですが、水だと日持ちしなさそうなので料理酒を50㏄足しました。

2晩も漬け込めばOKでしょ?

元旦から楽しめそうですよ♪

 

 

さて、バードウォッチングを再始動しました。

で、一昨日、早速フィールドに出たんですが、その際に使っていたクイックストラップが壊れました。

こんなヤツね。
Qs1
こんな風に使うんですが。
Qs2

自分はベルトにホルダーを付けて、鏡筒に付けた三脚座をホルダーに引っ掛けて、カメラがブラブラしないようにして使っていました。

 

壊れたのはカラビナ。
Carabiner1

カメラの三脚固定部に付けた固定具にカラビナを通そうとしたら、ポロっと折れました。

経年劣化?

直して使おうかとも思ったんですが、Amazonを徘徊したら780円で売っていたので買った方が早いし結果安いと思ったんですよ。

クーポンの残高もあったので実質19円で手に入れました。

今度のはストラップが肩から外れないようにストッパーが付いています。
Nqs1
Nqs2

因みにこのカラビナって売ってないみたいなんですよ。

以前、鳥友さんがホームセンターをいくつか回って探すのに苦労したと言っていたのを思い出しました。

旋盤で壊れた個所を削り出す手もあるなとは思ったんですが、中のバネの仕組みが面倒かなと断念しました。

バネが入るような空洞があって、そこにバネとくの字に曲がった金属板を入れるようなんですが、折れた時にそれはどこかへ飛んで行ったからそれも用意しなきゃならない。

それを摩耗している取付箇所に適合させるのは難しそうでしょ?

 

これでフィールドを徘徊できます。

ただ散歩するのは面白くないけど、探鳥しながら歩くのは苦にならないからね。

足腰鍛え直そうと思いますよ。

2021年12月29日 (水)

今日の太陽 (20211229の太陽)

母親のショートステイは元旦から始まります。

”スケジュールはどうなるのかなぁ?元旦はさすがに避けるんじゃないかな”なんて考えていたんですが、先日、スケジュールの確認連絡があって打合せしたら元旦とか関係ないそうで・・・”大変な仕事だなぁ”と驚きました。

まぁ向こうはショートステイ以外にも仕事をしている訳で施設は年中無休は当たり前の事なんでしょうが、外部からの受け入れは正月は無いんじゃないかと勝手に想像していたんですよね。

考えてみれば去年自分は元旦に入院したので、去年も元旦からお世話になっていたのでした。

もう数日で入院から1年になります。

あれから1年、無事に生きていたと思うと何だか感慨深いですね。

 

 

さて、今日の太陽です。
_dsc7485_list____med_100r__

見える黒点がちょっと減ったのかな?

回り込んだのかも?

今日はシーイングがあまり良く無かったのかグラフが暴れていました。

80枚撮ったんですが、暴れた分を除くと21枚が採用されてスタックとなりました。

まぁこれだけハッキリした黒点があればピント合わせには苦労しませんが。

2021年12月28日 (火)

今日の野鳥 (ツグミ/アオジ)

海岸の暴れん坊のキジトラのオス。

とうとう懐きましたよ。

ちょっと前に一度”撫でてくれ~”って来たので、しこたま撫でてやったのですが、その後は今まで通り距離を取っていました。

”あれ?この間のヤツはもう1匹のキジトラだったのか?”と疑問が残りました。

そっくりな2匹ですが、耳のキズで見分けがつく事に気が付いたので、間違うはずはないと思うんですが・・・。

ですが、今日は犬笛で寄って来てから足元でスリスリが始まり、お世話の最中もずーっと足元で撫でさせられました。

他の猫とも(そっくりなキジトラは除く)挨拶するようになり、一緒に食べられるようになりました。

そのそっくりなもう1匹のキジトラは、この子がいたので少し距離を取って離れたところでお世話をしました。

兄弟のように見えるんだけど何故にこの2匹は仲が悪いのか・・・。

 

 

さて、カビから蘇ったBORG71FLを携えて散歩してきました。

かつてはいろんな野鳥が見られたフィールドだったんですが、そこでも冬鳥が少なかった。

数年前の状況しか知らないので、今年が特別なのかそれともだんだん少なくなっちゃったのか分かりません。

かつて知ったるコースをグルっと1周したんですけど、冬鳥はツグミとジョウビタキぐらいしか見られなかった。

池にはこれまた少ないですがカモ等の水鳥も来ていましたが、これしかいないの?って感じ。

静岡は渡りと越冬地としてはコースを外れてしまったのか?

 

とにかくこの冬初めてツグミを見ました。
Tsugumi1
Tsugumi2

以前は浜でも普通にいたんですけど、すっかり見なくなりました。

ちょっとした公園には大体いるもんなんですが、どこに行っちゃったのか?

 

ついでにアオジ。
Aoji

全部トリミングしていますよ。

 

このコースでは他にシメ/カシラダカ/オオジュリン/ベニマシコなど多くの野鳥が見られたんですが・・・。

まぁ、ちょっと行っただけなので出会えていないだけなのかな?

暫く通ってみようと思います。

 

やっぱBORG71FLはいいね。

日陰で逆光気味に野鳥を捉えても画像が荒れない。

トリミングしても自分的には十分使える。

このぐらいの口径は必要なんだなと改めて思いました。

 

2021年12月25日 (土)

番外編 (BORG71FLがヤバイことになっていた)

また野鳥を撮り始めました。

機動性にはBORG45EDⅡが優れるんじゃないかと思いしばらく使ってみましたが、自分的にこれはダメですね。

軽くコンパクトなのはいいのですが、いかんせん口径が小さ過ぎた。

始めから予想していた事ではあるんですけど、”使ってみなきゃわかんないじゃん”と海や林等自分がフィールドとしているところで一通り使ってみたんです。

その結果が予想していた通りだったということですね。

やっぱり71FLぐらいの口径が無いと無理があるようです。

で、天体専用に組み替えてしまった71FL(Φ80鏡筒+マイクロフォーカサー仕様)を野鳥でも使えるようにΦ60鏡筒(代用品)で組み替えようとしました。

”あれ?SLIKの三脚袋に入れて和室の片隅に置いておいたはずが・・・無いぞ”

どうやら神様が弄ったようです。

何処に神隠しにあったのか・・・すぐに見つけたのですが、釣り用のクーラーボックスに閉じ込められていましたよ。

締め切られていたのでちょっと心配でレンズを確認すると・・・カビがorz...

フード側は問題なかったのですが内側に薄っすらカビが発生し始めていましたよ。

本格的に根付かない内にとすぐに清掃し始めました。

無水アルコールでは落ちません。

アルコール系クリーナーもダメ。

アルコールフリーのクリーナーもダメ。

最後はカビキラー。

軽く拭いただけではダメでした。

塗布してしばらく放置。

オッ!効き目あり?

でも、カビ跡とそうでないところと斑状に見えます。

カビキラーが残ってしまっているのか?

無水アルコールでシルボン紙を都度交換しながら何度か拭いてみますが症状変わらず。

冷汗が・・・ダメにしてしまったのか?

でもカビキラーが残っているに違いないと信じて、先程の両クリーナーも総動員して豊富なシルボン紙をバンバン使って洗浄を繰り返します。

力を入れて磨きたい衝動を抑えて、フンワリ拭き取るを何度も繰り返したら徐々に綺麗になり始めました。

光明が見えてきた!

その後も慎重に拭き取りを繰り返し、すっかり元通り、いやそれ以上に綺麗になりました♪

 

何故、写真がないのか・・・それはオジサン真剣でそんな余裕が無かったからです(^^;)

”やってしまったのか?”という疑念が心の中で沸々と湧き始めていたので、とてもじゃありませんが過程を記録する余裕は無かったですよ。

しかし、ニコンのシルボン紙は使い出があっていいですね。

2,000枚って個人としてはかなりの枚数です。

もう一束(1,000枚)は消費してしまったけど、まだ、800枚ぐらいは残っています。

2015/10に購入していますが、このペースならまだまだ持つでしょう。

次もまたこのシルボン紙を買おうと思います。

 

何も画像が無いのは寂しいので、ニャンコ写真と先日散歩した三保の松原の動画を貼っておきます。

 

ニャンコは今日の様子。

寒かったのか、お世話後、”見えなくなったな、知らぬ間に帰ったのか?”と思ったら、助手席の足元で寝ていました。
Nyan_in_car

見つかっちゃった!の図。

 

三保の松原の様子。

三保の松原は新しい施設が出来たりしてかなり整備されています。

世界遺産登録の恩恵ですかね。

2021年12月24日 (金)

今日の太陽 (20211224の太陽 黒点多いよ)

今朝、ナビに”おめでとうございます、クリスマスです”って言われました。

あれ?クリスマスって12/25じゃなかったの?と思ったんですが、どっちでも自分には関係ないなと調べるのをやめました(^^;)

クリスマスっておめでとうっていうモノなのか?

無神論者じゃないけどクリスチャンではないのでどうでもいいか・・・。

どうでもいいついでに七面鳥って食べたことが無いんですよね。

どんな味なんだろ?

鶏と変わらないのかな?

クリスマスよりそっちの方が気になるよ。

 

 

さて、今日の太陽です。
_dsc7435_list____med_100r__

今日は正方形っぽくクロップしました。

ちょっとでも大きい方が黒点が見やすいだろうと思って。

一杯ありますね~。

太陽望遠鏡があったら面白そうです。

もっと安くならないのかなぁ・・・。

サンタさんがクリスマスプレゼントしてくれないかなぁ(^^;)

2021年12月23日 (木)

今日の野鳥 (ウミスズメ、他)

すぐどこかに行っちゃうだろうと思っていた”ウミスズメ”ですが、どうも滞在しているようです。

昨日も見たし、今日も見た。

昨日は波打ち際の釣り人のすぐ前でベイトを追っかけていたので、”チャ~ンス”と車からカメラを取り出して振り返ったらもう居なかったという・・・。

ベイトの寄り方にもよると思うんだけど、遊泳能力の高い鳥なのでベイトが散っていたら潜水しての移動距離が半端じゃないんですよ。

100メートルとかそれ以上の距離を移動しちゃう上に小さいので、波がちょっと荒いと波間で見えなくなっちゃうから見失っちゃうわけですよ。

今日も見つけるまで、全く、海面には見つけられず帰ろうかなとした時、突然、波打ち際に小さな鳥が見えたって訳。

小さくて分からないから双眼鏡を取り出して確認したら”ウミスズメ”だったんですよ。

すぐに海岸に降りたんですが、もう波打ち際まで来なかった。

何度か見失ったんですが遠くで捉えた証拠写真。
_igp7409

トリミングしてあります。

 

それにしても冬鳥が少ないですねー。

内海も外海も殆どいないです。

この間ウミアイサが飛んできたんですが、すぐどこかに行っちゃって、それ以来見たことがありません。

浜の雑木林にも留鳥以外何もいないんですよ。

ツグミもシロハラもビンズイもアオジも、ジョウビタキすらいない。

羽衣の松の方も歩いてみたんですが鳩すらいなかった。

何年か前の台風で潮に浸かったのがいけなかったのかな?

食べ物が育っていないとか?

 

図書館に望遠鏡の本を返しに行った(結局一度も開かずに返却(^^;))ついでに少し散策して、ようやくシロハラを今シーズン初めて見ました。

アオジも初めて見たよ。

BORG45EDⅡはやっぱり暗いね。

野鳥には71FLを使わなきゃダメだと痛感しました。

 

そう言えばソウシチョウがいましたね。

スマホを片手にオジサンがツツジの垣根を探っているので何だろうと思って見たらソウシチョウがいました。

鳥の名前は知らなかったようなので”ソウシチョウですよ”と教えて差し上げました。

ついでに特定外来生物ですとも。

人間をあまり恐れないのですが、ここにいた2羽は特別でした。

オジサンがスマホで50cmぐらいの距離で撮ってましたから。

綺麗な鳥が撮れたって喜んでました。

ここでソウシチョウを見たのは初めてでした。

侵略されているのか?

 

今シーズン初見のシロハラ。
_igp7416

留鳥だけどコゲラ。
_igp7508

全部ザラザラです。

DEFINEでちょっと誤魔化してあります。

 

ホントはルリビタキに会いたかったんですが、こんな状況じゃ期待できないかな。

まぁ散歩ついでに探してみます。

2021年12月21日 (火)

今日の太陽 (20211221の太陽 黒点あるよ)

最近お気に入りの冷凍パスタがあるんですよ。

オーマイの”超にんにくペペロンチーノ”。

コレがなかなかなんですよ。

パッケージから取り出すと、トレイはまだフィルムに包まれているのにニンニクの香りが漂います。

ペペロンチーノは大好きで自分でもよく作るんですが、最近は”もうこれでいいや!”ってな事で作らなくなりました。

自分で作る時は安いニンニクしか使わないのでこんなに香りが出ないんですよね。

それで170円ちょっとでしょ?

安いしさぁ旨いしさぁ早いじゃん。

ホント、これでいいよ(^^;)

 

 

さて、黒点が大分派手になって来ているようなので庭撮りしました。
_dsc7382_list____med_100r__

例によってニコンのフィールドスコープEDⅢ+NEX-5Tでお手軽撮影です。(ちょいクロップ済み)

久し振りでしたがAstroSurfaceの使い方も忘れていませんでした。

黒点は大きくはないけど、数もあり、ハッキリしているので、ピント合わせにも困らないですね。

暫くはこれで遊べそうですよ♪

2021年12月20日 (月)

番外編 (アクションカメラ”XTU S3”を携えて埠頭を散歩)

さっき夕飯を食べながらローカル情報番組を見ていた時の事です。

視聴者投稿の”富士山の背景に満月が写った写真”を見て、思わずツッコミを入れちゃいました(^^;)

その写真のイメージです。
Like_ghost

題名は”富士山に月が反射していた”ってな感じだったのですが、”ゴーストじゃん!!!”って食べていた飯を吹き出すところでした(^^;)

もちろん↑は合成ですが正にこんな感じの写真だったんですよ。

言葉で説明しても伝わらないだろうと2分ほどかけて合成しました。

富士山の背景に月がある時点で手前の斜面に月光が反射する訳ないじゃん!

 

ショックなのはテレビマンたちがこんな簡単な間違いに気が付かず番組が終了してしまった事。

MCはただのタレントだから珍しい写真だと思ってタブレットで投稿された写真を紹介したんだろうけど、放送している人たちはプロですよ。

すぐに訂正されるだろうと思っていたらそのまま終了。

終了までは30分以上の猶予があったんですよ。

 

ゲスな感繰りをするとそれこそ合成写真だったんじゃないかと・・・まぁそれは無いか。

視聴者も大人の対応で誰も違うよってな投稿は無かったです。

もちろん自分も大人ですから華麗にスルー。

”テレビマンは気付けよな”とは思いました。

 

 

さて、散歩シリーズですよ。

今日は地元の埠頭を散歩してみた時の動画です。

今まではネックレスタイプのホルダーを使っていたんですが、画角が傾いたり揺れがちょっと大きかったりで他の方法を試してみました。

ベルトのバックルの位置にカメラを固定したんですよ。

自分の腰骨が曲がっているのなら傾いちゃうかもしれないですが、別に腰痛があったりどこかが痛いってことは無いので大丈夫だろうと試してみました。

歩いている途中、カメラの様子を見ていると思いの外上下に揺れるんですよ。

手振れ補正はどの程度効くのかなぁなんて心配していたんですが、結果、ネックレスタイプよりはかなりマシだったようです。

では、ご覧ください。

今度からはこの方式で録ろうと思います。

そんなに録ることは無いだろうけど・・・。

«番外編 (sanpojinさん応援企画 冬のDSOと使用機材の写野)

スカイメモSの極軸調整&導入方法(旧ブログ)

スカイメモS専用目盛環(旧ブログ)

旧ブログへのリンク

雨量・雲量

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ